文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」

医療・健康・介護のコラム

マスクで皮膚炎も「新しい生活様式」全てを受け入れるのは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。皮膚科医のえんどこです。

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、東京アラートとやらも解除され、少しずつ「日常」が戻ってきている感じはするものの、今後もマスク着用やソーシャルディスタンスを保つことを軸とした生活を余儀なくされるということには変わりはないようですね。 「新しい生活様式」という指標が厚生労働省より公開されていますが 、「これを守れっていうの?」という項目もあって、素直に全てを受け入れるのは……と思ってしまいます。

「ウイルスにおびえろ」ということ?

マスクで皮膚炎も「新しい生活様式」全てを受け入れるのは…

 ウィズコロナ、つまりコロナウイルスと今後どう付き合っていくか、どう共存していくかということが言われている中で、この「新しい生活様式」を見る限りは、共存というよりもひたすらウイルスにおびえろと言っているように思えてなりません。政府の方針に反発しているわけではありませんが、ただ「名刺交換もオンラインで」という項目を見てしまうと、さすがに……です。

 とはいえ、通勤電車は以前のような満員状態に戻っていますし、飲食店にしてもソーシャルディスタンスは必ずしも守られていないよなあという印象です。真面目に守っておられることで、店舗の本来の座席数の半分以下のお客さんしか入れることができないお店は売り上げも以前のようには戻らないでしょうし、再開しても厳しい状態には変わりないはずです。まずは休業中の大きなマイナス分を取り戻すことから始まるわけですから。

 あと思うことは、あれだけパチンコ店がたたかれまくったのに対し、現在のクラスターの中心と言ってもいい(6月中旬現在)、いわゆる「夜の街」はおとがめないんですよね。これはこれでどうなのかな?と思ったりもします。

帯状疱疹やじんましん増加 他の皮膚科医も同意見

 さて前回、緊急事態宣言の後に帯状 (ほう)(しん) やじんましんなどの患者さんが増えたということを書いたところ、国内の皮膚科の先生から「全く同じだ」というご意見をたくさんいただきました。

 帯状疱疹は、比較的高齢の方に起こるウイルス性疾患ですが、この期間中に私が診察した最年少の患者さんは小学6年生の男の子でした。中学受験を来年に控えていて、勉強しなくてはいけないのに塾はお休みだし、オンライン授業はどうにも集中できないし、そして学校も休校だから友達にも会えない、そして、とどめは「これまでは朝と晩くらいにしか会わないはずだったお父さんとも一日中顔をあわせることが一番疲れる」とのことでした(笑)。「お母さんだけでも受験のことでガミガミとうっとうしいのに、お父さんまで……」と自分の部屋でふさぎ込む毎日を過ごしていたら、背中が痛くなってきたと言っていました。胸から背中にかけての発疹(水ぶくれ)の数自体はとても少なかったのですが、痛みが強くて受診されました。今は痛みも落ち着いていますが、このように高齢者だけではなく10~20代の帯状疱疹患者さんを診察する機会がありました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190219-kendo-prof200

遠藤 幸紀(えんどう・こうき)
皮膚科医。東京慈恵会医科大学皮膚科講師。乾癬かんせんという皮膚疾患の治療を専門とし、全国の乾癬患者会のサポートを積極的に行っている。雑学やクイズに興味があり、テレビ朝日「Qさま!!」の出場歴も。

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

思い当たる節があります

ころちゃん

程度の差はあれ、記事内容にあるような肌荒れや口内炎、その他不調があります。 マスクをしない、できない人は、マスクなしの状態では近距離の会話は慎む...

程度の差はあれ、記事内容にあるような肌荒れや口内炎、その他不調があります。
マスクをしない、できない人は、マスクなしの状態では近距離の会話は慎む、透明な立体マスクをする、ハンカチやティッシュで口元を遮って会話する、会話は距離をとる・・・などできる範囲での対策をうてばいいと思います。(これってマスクできる人も同じですね)マスクをできない人もいる、という理解、知識の周知も大切と思います。
マスクをしていない人を見ると一瞬「お!」と緊張します。自分も元々マスクをしない生活だったので、外出時にうっかりマスクを忘れてしまうことが多々あります。ですのでバッグと車には個包装のマスクを入れてます。
マスクに限らず「安心感」を乱すような行為はなるべく取らないことだと思います。「新しい日常」をできない人もいる理解も必要(例えば聴力が・・とか)だけれど、今しばらくは、「新しい日常」を理解する期間だと思います。

つづきを読む

違反報告

気温が高くなったら

まあちゃんです🐹

今年になって口内炎が治らないなあと思っていました。帯状疱疹は過去に経験しましたが再びかかることもあるのでしょうか? 暑くなってきたので、マスクを...

今年になって口内炎が治らないなあと思っていました。帯状疱疹は過去に経験しましたが再びかかることもあるのでしょうか?
暑くなってきたので、マスクをしているとよけいに暑いです。でも、満員電車の中では必ずしもマスクをしていない高校生も見られます。
ひとりひとりの行いが大事だと自分は守って生活しております。
新型コロナウィルス早く収束願います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事