文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

[愛猫と暮らしたい](中)自分が倒れたらどうなる? いっそ睡眠薬で一緒に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 脊椎管 (きょう)(さく) 症が悪化するにつれ、後藤昌枝さん(仮名)の不安はどんどん大きくなっていきました。「自分が倒れたら、愛猫の祐介君はどうなるのだろう」と思うと、不安のあまり夜も眠れなくなりました。食事ものどを通らなくなりました。後藤さんはモデルのようにスラリとした体形だったのですが、それがやせ細っていってしまいました。

後藤さんと愛猫の祐介君(さくらの里山科で)

後藤さんと愛猫の祐介君(さくらの里山科で)

腰の悩みより、愛猫のことが心配

 実は、後藤さんの脊椎管狭窄症は、そこまで深刻な状態ではありませんでした。そもそも脊椎管狭窄症は珍しい病気ではありません。全国での推定患者数は240万人とも、580万人とも言われています。仮に240万人だとしても、50人に1人の割合でかかる病気になります。それが高齢者だと10人に1人だと推定されています。大勢の高齢者がかかる病気なのです。

 後藤さんを苦しめていたのは、病気そのものではなく、病気に対する不安でした。それも、自分自身のことに対する不安ではありません。祐介君への心配が後藤さんを苦しめていたのです。

 食事も睡眠もとれず、やせ細っていけば、当然体調は悪くなります。体調が悪くなれば、「祐介君を残して、自分が倒れたらどうしよう」と、ますます不安になります。その悪循環に後藤さんは陥っていました。

自分の命を救ってくれたこともある愛猫

 そんな後藤さんを、祐介君も心配していたそうです。以前は、2階のベランダに洗濯物を干しに行く後藤さんについて歩いていたのが、いつしか、先に立って一段一段上りながら、息を切らしている後藤さんを心配そうに見守るようになったそうです。

 一度は後藤さんの命を救ったこともありました。真冬の夜にトイレで貧血を起こして、後藤さんが倒れてしまった時のことです。後藤さんは耳元で大声で鳴く祐介君の声で意識を取り戻したそうです。トイレには祐介君は一緒ではありませんでした。トイレの扉の外で、後藤さんの異変を察知した祐介君は、トイレのノブに跳びついてぶら下がり、必死に扉を開けて、後藤さんの元に駆け付けたのです。祐介君が起こしてくれなかったら、そのまま凍死していたに違いないと、後に後藤さんは何度も語っています。

 しかし、そうやって祐介君がけなげに行動すればするほど、「この子を残してしまったら……」という後藤さんの不安は高まるばかりでした。

 後藤さんは、不眠症と拒食症の治療に神経内科に通っていました。しかし、処方された睡眠薬は飲んでいませんでした。たまっていく睡眠薬を見ては、「どれだけ薬があれば、自分と祐介君が楽にいけるだろう」と考えていたそうです。後藤さんは、「自分が倒れて祐介君をつらい目にあわせるくらいなら、いっそ一緒に……」と考えるほど、追い詰められていたのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里 山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事