文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」

医療・健康・介護のコラム

野外にいたら顔から胸まで真っ赤に腫れ…原因は「服薬+日光」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ネックレスをした部分が赤く腫れて

 汗をかく季節は、金属アレルギーを発症することも多い。Uさんは、「ネックレスを着けていた首の部分が赤く腫れてしまった」と言って来院された。以前も同じ症状があり、しばらくアクセサリーを着けるのは控えていたが、症状がすっかり治ったので、大丈夫だと思ってつけたところ、また症状が出てしまったという。

 暑さと汗で溶けだした微量の金属が、体のリンパ球と反応し、アレルギー症状を生じることがある。症状が治っても、体にはアレルギー反応の記憶が残っており、その金属に触れるとまた症状を起こす。その際、よりひどい症状が表れることが多い。Uさんの場合も、以前に症状があり、今回はよりひどかったため、この金属アレルギーが疑われた。

 後日、調べてみると、やはりいくつかの金属にアレルギーがあった。念のため、歯科治療で金属を使っていないか聞いた。歯科治療にもしばしば金属が使われ、長年使用していると、口内炎や舌のただれや痛みが起きるほか、場合によっては全身にアトピー性皮膚炎のような発疹症状を生じることがあるからだ。幸いにも、Uさんは歯科治療で金属を使っていなかった。

根本的な治療法ない金属アレルギー

 金属アレルギーの検査は、一般的にパッチテストという方法を用いる。背中の肩甲骨の間に22種類ほどの金属の試薬をつけたシールを48時間貼って反応をみる。その間は、シャワーや入浴ができない。検査の結果、陽性と出た場合、残念ながら、今のところ根本的な治療法はない。一度、反応が出たら、その金属を避けるしかないのだ。いろいろな金属に反応してしまうと、使えるアクセサリーの種類が限られてつらいが、冷房のきいた室内などで数時間なら着用できる場合もあるので、かかりつけ医と相談してほしい。

 自分にはアレルギー症状がないという方でも、いつ症状が出るかはわからない。人ごととは思わず、夏場に汗をかく場所で長時間、アクセサリーを装着するのは避けた方がよい。(常喜眞理 医師)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

joki-mari

常喜 眞理(じょうき・まり)

 家庭医、医学博士
 1963年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、内科学会認定医、日本医師会認定産業医。院長を務める常喜医院(内科、皮膚科)での診療のほか、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として健康診断(人間ドック)の内科診察を行い、婦人科や乳腺外科の診断を担当する。様々な大手企業の産業医でもあり、職場におけるメンタルヘルスのサポートを長年行っている。著書に「オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方」(すばる舎)。現在、BS-TBS「Together」に準レギュラー出演中。

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事