文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

気象予報士ママの「健康注意報」 新見千雅

医療・健康・介護のコラム

食中毒に注意…予防するための共通のポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高温多湿で食中毒が起きやすい季節

食中毒に注意…予防するための共通のポイントとは?

(提供・日本気象協会)

 食中毒対策は一年を通じて必要ですが、季節により原因となりやすい病原体に違いがあります。冬季にはウイルス性の食中毒、夏季は細菌性の食中毒を起こしやすくなります。

 ウイルスは単独では生存できず、他の生きた細胞に感染したときにだけ増殖することができますが、細菌は生きた細胞がなくても、糖などの栄養と水、そして適した温度があれば増殖する点が両者の大きな違いです。そして、食中毒の原因となる細菌の多くは気温約20度で活発に増殖し始め、36度前後で増殖のスピードが最も速くなります。

 連日、雨が続くような天気の時はもちろん、夏の太平洋高気圧に覆われて晴れた日でも、南寄りの暖かく湿った空気が流れ込むと、湿度は高くなりやすいです。多くの細菌は湿気を好むので、このように梅雨から夏にかけての高温多湿となる時期は、いつもより気をつけなければなりません。また、食中毒の原因となる細菌は増殖させないことが大切ですが、中には少量の菌を摂取しただけで食中毒を引き起こすものもあります。

 一般的に、食中毒や感染症は、小さな子どもや高齢者など体の抵抗力が比較的弱い年齢層や、免疫機能が低下している状態の方がかかりやすいものなので、食事を一緒にとる場合は気を付けたいですね。

食中毒の原因となる細菌とは

 食中毒の原因となる細菌には、色々な種類があります。代表的なものは、カンピロバクター、サルモネラ、そして (オー) 157などの腸管出血性大腸菌です。

 カンピロバクターは特に鶏肉の保菌率が高く、牛肉、豚肉にも付着していることがあります。熱に弱く、65度以上、数分の加熱で死滅します。また、カンピロバクターに感染してから発症までの潜伏期間は2~7日で、他の食中毒菌に比較して長い特徴があります。近年、カンピロバクターによる食中毒は増加していて、日本で発生している細菌性食中毒の中では患者数が最も多くなっています。
 そして、全ての年齢層で発症する可能性があり、大人でも少量の菌で感染することがあります。特に、子どもでは0~4歳に多く報告されていて、入院治療を行った症例は、9歳以下の子どもに多いという日本での集計結果もあります。症状は下痢、発熱、 嘔吐(おうと) 、頭痛、 倦怠(けんたい) 感などであり、多くの患者は一週間ほどで治癒します。さらに、カンピロバクターに感染したおよそ1000人に1人の割合で、数週間後に四肢の運動 麻痺(まひ) 、呼吸筋麻痺、 嚥下(えんげ) 障害などを起こすギランバレー症候群を発症し、後遺症が残ることがあります。

 サルモネラは一般的に鶏の腸管内に滞留します。そのため、サルモネラによる食中毒の原因は鶏肉が多く、産卵時に卵が汚染されることがあります。様々な宿主を持つため、豚肉、牛肉などもミンチ肉のように加工肉にすると、より一層付着しやすくなります。熱に弱く、75度、1分以上の加熱で死滅します。
 潜伏期間は8~48時間のことが多いですが、3~4日の場合もあります。サルモネラによる食中毒の症状は、嘔吐、腹痛、一日数回から十数回の下痢が3~4日持続して、1週間以上影響することがあります。健康な成人では急性胃腸炎の症状にとどまりますが、小児では意識障害、菌血症、けいれん、高齢者では急性脱水症および菌血症を起こすなど重篤となり、回復に時間がかかることがあります。

 腸管出血性大腸菌の主な感染源は牛肉です。代表的なものであるO157は、牛の腸管で保菌されやすく、食肉加工時に汚染されることがあります。また、肥料として作られた 牛糞(ぎゅうふん) の発酵が不十分で、野菜が汚染されていたこともあります。熱に弱く、75度で1分間加熱すれば死滅します。
 潜伏期間は4~8日です。症状は激しい腹痛、嘔吐、出血を含む下痢で、発熱は38.5度以下のことが多く、ほとんどの人は5日から7日で回復します。しかし、急に悪化することもあります。感染者の5~10%が溶血性尿毒性症候群を合併すると言われています。これは溶血性貧血、血小板減少、急性腎不全を伴う症候群で、数週間で回復することがほとんどですが、後遺症が残ることや死亡することがあります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yohoushi-mama_img

気象予報士ママの「健康注意報」

新見 千雅(にいみ ちか)
日本気象協会 気象予報士

 呼吸器、透析分野で看護師として勤務した後、気象会社で原稿の作成やラジオ番組を担当。現在は、日本気象協会と株式会社JMDCが進めている、気象データとレセプト(医療報酬の明細書)データを使って、様々な疾患の発症・重症化リスクに関する情報を提供するサービス「Health Weather(R)(ヘルスウェザー)」プロジェクトに参加している。
 2児の母として、妊娠・出産・育児にまつわる天気のコラムを執筆中。


鈴木 孝太(すずき こうた)
愛知医科大学医学部 衛生学講座 教授

 1974年、東京都生まれ。2000年、山梨医科大学医学部卒。2005年、山梨医科大学大学院医学研究科修了(博士(医学))。2011年 、University of Sydney Master of Public Health (MPH) Coursework修了。山梨大学医学部助手、助教、特任准教授、准教授を経て、2016年から現職。専門分野は周産期から小児期にかけての疫学、産業保健、ヘルスプロモーション。
 最近は、「Health Weather(R)」と共同で、気象と健康に関する研究を実施している。



気象予報士ママの「健康注意報」 新見千雅の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事