文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

都内感染12人、3日連続2桁…「東京アラート」1週間程度は解除しない方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は3日、都内で新型コロナウイルスの感染者を新たに12人確認したと発表した。都独自の警戒宣言「東京アラート」を発動した2日(34人)から減少したものの、1日当たりの感染者は3日連続で2桁に上っており、都は少なくとも今後、数日間~1週間程度は解除しない方針だ。

 解除には原則として〈1〉~〈3〉の指標をすべて下回ることが条件となるが、都は専門家の意見も踏まえて判断する考え。アラート発動中は休業要請などのさらなる緩和は行わないという。

 都によると、この日陽性が判明した12人中、接待を伴う飲食店の従業員や客らは7人で、このうち4人は新宿地区の繁華街に出入りしていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事