文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

鉄火みそ…鉄を高温で熱した時の赤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ご飯のお供にぴったりのレシピ「鉄火みそ」のご紹介です。

 鉄火みその、鉄火とは、鉄を高温で熱した時の赤を意味しています。赤色の強いみそを使うことから、鉄火みそと名付けられたと言われています。実は給食では定番のメニューで、栄養価が高いので、子供はもちろん、お年寄りから全世代におすすめです。

 大豆には、植物性たんぱく質が含まれており、畑の肉とも呼ばれています。たんぱく質は、筋肉から肌、髪、爪、体の中まで、体づくりの材料となる栄養素です。

 ゴボウが使われているのもポイント。ゴボウには食物繊維が多く含まれており、腸の働きを活発にして、腸内環境を整えます。ゴボウの皮には、クロロゲン酸やタンニンといった抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。皮はむかずにきれいに洗って食べると良いですね。

 鉄火みそを作る時は、乾燥 () り大豆を使うことが多いのですが、今回は硬めの豆が苦手、という人のために、水煮大豆を使用しています。みそも手に入れば赤みそを使うと、よりおいしいです。給食では糸こんにゃくを刻んで入れたり、シラスを入れたりしています。家では大葉を入れて爽やかにしてもいいでしょう。このようにアレンジのできる万能レシピなので、いろいろ試してみてください。

[作り方]

(1) ゴボウはせん切り、ニンジンはみじん切りにする。青ネギは斜め小口切り。

(2) フライパンを中火で加熱。ゴマ油を入れてゴボウとニンジンをいためる。火が通ったら水煮大豆と(A)の調味料を入れ、弱火にして混ぜ合わせる(みそが硬い場合はゴマ油を追加で入れる)。

(3) お皿に盛り付けて、青ネギを添えて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事