文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

ツナとピーマンのいためライス…ボリューム感を感じつつ、うま味も十分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、お手軽に作れて大満足なレシピ「ツナとピーマンのいためライス」のご紹介です。

 おなか() いた! しかし、冷蔵庫にお肉もお魚もない。そんな時ありますよね。そこで長期保存のできるツナ缶の登場です。ツナ缶はオイル漬けタイプを使用します。油分でボリューム感を感じつつ、うま味も十分。いため油の代わりとして、ツナ缶のオイルをそのまま使います。

 今回は、ピーマンの中でもカラフルな赤と黄色のピーマンを使用しました。ピーマンのビタミンCは、加熱によって壊れにくい特徴があります。ほかにも血液の健康に役立つピラジンや、余分な塩分の排出に役立つカリウムなども含まれています。

 マグロツナ缶のほかに、カツオフレーク缶でも大丈夫です。ピーマンのビタミンCの働きで、マグロやカツオに含まれる鉄分の吸収率をアップしてくれます。

 もしカラフルなピーマンを見かけたら、ぜひ使ってみてください。料理には視覚からの情報はとても大切。緑黄色野菜などの鮮やかな食材は食欲をそそるのです。おいしい簡単レシピを楽しみましょう!

[作り方]

(1) シメジは小房に分ける。ピーマンは縦にスライスにする。

(2) フライパンを中火で加熱。ツナ缶、ピーマン、シメジを入れていためる。

(3) (2)に火が通ったら(A)の調味料を入れ、いため混ぜて具が完成。

(4) ご飯をお皿に盛り付けて、仕上げに小口切りにしたネギをかける。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事