文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【みんなでスポーツ】女性アスリート(4)減量との闘い終え出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【みんなでスポーツ】女性アスリート(4)減量との闘い終え出産

ロンドン五輪決勝で相手選手を攻める小原さん(右)(2012年8月8日、松本剛撮影)

id=20200603-027-OYTEI50000,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

2児の母となり、幸せと語る小原さん

 「念願の子どもを授かることができ、幸せです」。ロンドン五輪女子レスリング48キロ級金メダリストの小原日登美さん(39)は、長男(5)と長女(3)の2児の母。だが、笑顔で語れるようになるまでには、減量と無月経との闘いがあった。

 運動量に対して、摂取エネルギーが不足すると無月経になる。小原さんが無月経を経験したのは高校生の時。練習量が増えたのと、初めて減量に取り組んだ時期とが重なった。

 勝ちたい思いから、体重を落として臨んだ大会で準優勝した。これが成功体験になり、「余計に食べなくなり、拒食ぎみになった」という。52キロあった体重は47キロまで減った。

 公認スポーツドクターでレスリングなどの体重階級制の選手をサポートする宮本由記さんは、「計量を意識して無理な減量や過食を繰り返すと、摂食障害につながる。月経周期だけでなく健康にも悪影響を及ぼす」と警鐘を鳴らす。

 異変に気づいた母親に産婦人科へ連れて行かれ、薬でホルモンを補い始めた。治療と体重を増やしたことで月経は戻り、大学時代は病院とも無縁で過ごせた。

 当時は計量が試合の前日だったため、徐々に目標体重まで落として、計量をパスすると一気に体重を戻す方法をとった。試合が終わると、好物のパンやアイスクリームなどを好きなだけ食べる「ドカ食い」になりがちだった。

 ロンドン五輪は体重調整に最も苦しんだ。55キロ級はライバルの吉田沙保里さん(37)が立ちはだかり、48キロ級に階級を下げたためだ。月経が止まった高校時代とほぼ同じ。五輪開催前の2012年1月に無月経になった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事