文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ヘルニア手術初めての医師「器具入れすぎた」…患者に後遺症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 茨城県病院局経営管理課は1日、笠間市の県立中央病院で2017年11月、県内に住む患者に対し、椎間板ヘルニアの手術をした際、神経根を損傷させる医療事故があったと公表した。患者は歩行障害などの後遺症が残ったという。

 手術をしたのは当時30代の男性勤務医。ヘルニアの手術は初めてで、医療器具を体内に入れすぎたという。

 県立中央病院は昨年9月、再発防止基準を設け、手術前に十分な訓練を行うことなどを盛り込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事