文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

たばこのない暮らし 新しい生活様式に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

新型コロナ下の世界禁煙デーに思う

たばこのない暮らし 新しい生活様式に

 5月31日は世界禁煙デー。厚生労働省は、6月6日までを禁煙週間と定めている。新型コロナウイルスのせいで多くのイベントが中止になってしまったが、今年ほど禁煙の大切さを思い知らされた世界禁煙デーはなかったかもしれない。命に関わる重い肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感染症において、たばこは重大なリスク要因になる。ウイルス感染を100%防ぐことは難しいかもしれないが、たばこを自分の意志でやめることで、命のリスクを減らすことができる。20歳以上の男性の3割、女性の1割近くが喫煙者という現状のなかで、新しい生活様式の1番目として「たばこのない暮らし」を提案したい。

喫煙率 男性29%、女性8% 

 国民健康・栄養調査(2018年)によると、習慣的に喫煙している20歳以上の人の割合は男性が29.0%(前年比0.4ポイント減)、女性は8.1%(同0.9ポイント増)だった。平成元年(1989年)と比べると、男性は半分近くに減り、女性はいったん2桁台に乗った以降、この10年ほどは減少しつつある。年齢別にみると、男性は30歳代(37.4%)、40歳代(37.0%)で高く、女性は40歳代(13.6%)に続いて20歳代(10.8%)で高い。

 近年の特徴は、加熱式たばこの広がりだ。習慣的に喫煙している人に対し、使用しているたばこの種類を尋ねた設問(複数回答)によると、紙巻きたばこの割合は男性77.0%、女性84.9%、加熱式たばこの割合は男性30.6%、女性23.6%だった。また、紙巻きたばこと加熱式たばこを組み合わせているという人が男性で8.5%、女性で8.8%いた。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

<PR情報>

1件 のコメント

コメントを書く

禁煙実行中

まむしの彦次郎

平成22年2月25日 0:00から禁煙開始 タバコ販売も停止した!4.000日超え… 自分が禁煙しているのにたばこを売るとか矛盾していると思い自...

平成22年2月25日 0:00から禁煙開始
タバコ販売も停止した!4.000日超え…
自分が禁煙しているのにたばこを売るとか矛盾していると思い自販機販売12台出張販売も含めてすべて停止した!
禁煙はすんなりと受け入れられた!

肺は一度傷んだら復元は困難と器質化肺炎を患って判明した!新型コロナウイルスかと心配したが…oxi meterで毎日数回計測している。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事