文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

10万円給付申請書の「押印」どこ?…指定なく「わかりづらい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 秋田市が発送している一律10万円の特別定額給付金の申請書に関して、「記入方法がわかりづらい」との声が市に寄せられている。申請書には振り込み先の金融機関の口座番号のほか申請者の名前の記入欄があり、「枠内にご記入・押印してください」と記載されているが、円で示すなど押印場所の指定がないためだ。

 市新型コロナウイルス対策室によると、慣例上、自筆による署名の場合は判子は不要だが、署名欄に氏名のゴム印を押すなどしたケースでは必要になるため、押印を求める文言を載せたという。

 同室の担当者は「確かにわかりづらい記載になっていた」と話しており、市は29日から急きょホームページで「署名については自署の場合、押印不要です」と周知し始めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事