文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

飛沫防止のビニールカーテン「火災注意」…避難や消火に支障の恐れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
飛沫防止のビニールカーテン「火災注意」…避難や消火に支障の恐れ

接客時の飛沫感染を防ぐため、レジにビニールカーテンを設置した菓子店(名古屋市中区で)

 対面する人同士の間に設置して新型コロナウイルスの 飛沫(ひまつ) 感染を防ぐビニールカーテンやアクリル板について、消防機関が「場合によっては火災拡大の要因になる」と注意を呼びかけている。行政機関の受付や店舗のレジなどへの設置が進んでいるが、燃えやすいものもあるほか、取り付け場所を誤った場合、消火設備の円滑な作動を妨げる可能性もあるためだ。

 政府の専門家会議が示した「新しい生活様式」は、互いに顔を合わせてやり取りする場所については、感染防止策としてビニールカーテンなどを設置すべきだと提言している。

 しかし、名古屋市消防局は、天井からつり下げるような形で広い範囲をビニールカーテンで覆うと、出火時に火災報知機が煙を感知できなかったり、スプリンクラーからの散水が遮られたりして、避難や消火に支障が出る恐れがあると指摘する。

 消防法は、飲食店や病院など多数が使う施設でカーテンを窓につけたり、部屋の仕切りに使ったりする場合は、防炎機能があるものを利用するように義務付けている。しかし、新型コロナ対策で客との間の「ついたて」代わりに使われている小型のものは、どんな素材でもよく、ある消防士は「ビニールは火がつくと、想像以上に速く燃え広がる。焼け落ちた塊が、じゅうたんや床にある雑誌などに延焼して大きな火災につながりかねない」と危惧する。

 同消防局は、ビニールカーテンなどに関し、〈1〉近くで火気を使用しない〈2〉白熱灯など高温のものに近づけない〈3〉火災報知機やスプリンクラーから距離を空けて設置する――などの対策を求めており、担当者は「防炎機能が高い製品を選び、従業員に必ず消火器の使い方を習得させるなど、防火意識を高めてほしい」と呼びかける。

 また、消毒用アルコールの取り扱いにも注意が必要だ。濃度60%以上のアルコールは、消防法上の「危険物」に該当。常温で置いているだけで可燃性の蒸気が発生するため、火気から遠ざけるとともに、こまめな換気も必要になるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事