文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

10万円給付 2億円過払い…大阪・寝屋川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府寝屋川市は28日、政府が全国民に一律10万円を給付する特別定額給付金について、2196人分、計2億1960万円を二重に給付していたと発表した。市は二重給付を受けた市民に謝罪し、回収を進めている。

 市は5月1日からオンライン申請、同8日から郵送による申請の受け付けをそれぞれ開始し、オンライン分は11日から、郵送分は15日から給付を開始した。

 市によると、今月25日夜、翌26日午前0時に振り込まれる予定の2万9083世帯について、担当者が申請書と振込先の確認作業をしたところ、993世帯、2196人分について、過去に振り込みが済んでいたことが判明。既に銀行で振り込み手続きが行われており、取り消し処理が間に合わなかったという。

 市では特別定額給付金の支給にあたり、「いち早く市民に支給したい」として、データを管理するシステムを民間業者に委託せず、市独自に構築。銀行振り込みに関するデータは「マスターデータベース」で重複がないかチェックする仕組みになっていたが、何らかの理由でチェックが働いていなかったという。

 二重払いの対象世帯には職員が電話などで謝罪し、返金手続きを依頼している。記者会見した広瀬慶輔市長は「ご迷惑をおかけした市民には誠に申し訳ない。より一層のチェックの徹底を行う」と話した。

 定額給付金を巡っては、福島県天栄村で1億1620万円分の二重払いが判明するなど、ミスが相次いでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事