文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」

医療・健康・介護のコラム

高い山頂でデスクワークしているよう…月経に伴う貧血 放置すると心臓に負担も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最近、疲れやすく、集中力が低下し、「なんとなくイライラして氷をかじりたくなる」と言って、40歳代前半のAさんが相談にいらした。月経前によく体調不良を感じることがあったので、しばらくは月経前症候群ではないかと思っていたようだが、月経後も症状が続くため、心配になって来院したという。

 原因を調べるため、血液検査を行うと、赤血球が小さくなっている。血液中に鉄分が足りておらず、いわゆる鉄欠乏性貧血だった。

貧血の原因 一番は月経

 女性の貧血の原因は、一番は月経だが、女性の2~3割に見られる子宮筋腫やその他の婦人科系の病気によって、貧血がひどくなることがある。

 子宮筋腫では、筋腫の数が多くて子宮全体が腫れている場合や、筋腫は小さくても子宮の内側にでき、子宮の内側の面積が大きくなっている場合には、月経血量が増えて貧血になりやすい。時々は、 経膣(けいちつ) 超音波検査で、婦人科の病気がないか診てもらうのがお勧めだ。

 Aさんは少し前に、婦人科で子宮 (けい) がん検診、経膣超音波検査も受けていたが、子宮内膜症や子宮筋腫など婦人科系の病気は指摘されなかったらしい。

偏食だと症状はさらにひどく

 Aさんのように、とくに病気がなくても、毎月の月経だけで貧血になってしまう女性は少なくない。偏食があれば、その症状はさらにひどくなる。Aさんは、幸い好き嫌いもないとのこと。赤身のお肉や魚などの良質なたんぱく質に加えて、鉄分の吸収を良くするビタミンCを含む野菜などをとって、バランスのよい食事を心がけるようアドバイスした。

 女性の血色素(ヘモグロビン)量の基準値は、およそ11.5~15g/dl。Aさんは9.5g/dlであったため、しばらくは、鉄分を補う薬も内服してもらうことにした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

joki-mari

常喜 眞理(じょうき・まり)

 家庭医、医学博士
 1963年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、内科学会認定医、日本医師会認定産業医。院長を務める常喜医院(内科、皮膚科)での診療のほか、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として健康診断(人間ドック)の内科診察を行い、婦人科や乳腺外科の診断を担当する。様々な大手企業の産業医でもあり、職場におけるメンタルヘルスのサポートを長年行っている。著書に『オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(すばる舎)、『お医者さんがやっている「加齢ゲーム」で若返る!』(さくら舎)。現在、BS-TBS「Together」に準レギュラー出演中。

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事