文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

40代から備えよう「老後のお金」 楢戸ひかる

医療・健康・介護のコラム

新型コロナに感染したら、検査・治療費、医療保険、傷病手当金はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 緊急事態宣言解除で、社会が動き始めました。気を引き締めての行動は大前提。重症化しやすい高齢者やその家族なら、わが身のためにも、なおさらです。その一方で、万一の時を想定して、お金の面での備えをしておくことも必要となります。「自分が新型コロナウイルスに感染したら……」という状況を具体的にイメージしておくと、いざというときに慌てずにすむかもしれません。

※ 本記事は、2020年5月下旬の情報をもとに書いています。状況は変化していくので、公的制度の詳細は、お住まいの自治体に、民間保険の詳細は保険会社にお問い合わせください。

新型コロナに感染したら、検査・治療費、医療保険、傷病手当金はどうなる?

イラスト:赤田咲子

検査費用・治療費はどうなる?

 「万一、自分が新型コロナ感染症になったら……」と考えるとき、最初に知っておきたいことは、新型コロナウイルス感染を判定するPCR検査の費用は、全額が公費負担(自己負担なし)ということです1)。万一、コロナに感染していた場合、入院治療のための医療費も公費負担となります2)

 医療費は公費負担になるといえども、療養期間中は思いもよらない出費が増えるものです。そんな時に頼りになるのが、民間の医療保険です。保険会社の見解をまとめてみました。

  • 新型コロナ感染症で入院した場合は、「入院給付金」の対象に
     ほとんどの保険会社で、新型コロナ感染症での入院は、入院給付金の対象になります。また、自宅やホテルでの療養も、ほとんどの会社で「療養した事実の分かる証明書等」があれば入院給付金の扱いとなるようです。
  • 「新型コロナ感染の疑い」で入院したものの、陰性だった場合は?
     医師の指示でコロナの治療を目的とした入院をした場合、多くの会社が、「検査結果が、陽性か陰性かにかかわらず入院給付金の支払い対象」としています。
  • 新型コロナ感染症で気管切開した場合、手術給付金の対象になることも
     ご自身が保険契約をしている会社に確認する必要がありますが、たとえばコロナ感染症の治療で、人工呼吸器装着のため気管切開の手術を受けた場合、「手術給付金」の支払対象となる会社もあります。

感染症の療養で、働けなくなったときは?

 会社員の方であれば、新型コロナ感染症の療養のため、連続する3日間を含み4日以上仕事に就けず、十分な報酬が得られなかった場合は、4日目以降を対象に、健康保険から傷病手当金が出ます。金額は、お給料(標準報酬月額を基に算出)の3分の2が目安です。傷病手当金の支給期間は最長1年6か月なので、コロナの療養期間という意味では十分でしょう。

 傷病手当金は本来、「協会けんぽ」か「健保組合」に入っている会社員への給付しかありません。自営業などで国民健康保険に加入されている方は、案外、多いのではないでしょうか? しかし、新型コロナに関しては、 国民健康保険の方にも、傷病手当金が出る ことになりました。私が本コラムで最もお伝えしたいのは、このことです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru-200re

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター、ファイナンシャル・プランナー

 1969年生まれ。大手商社に8年間勤務後、フリーライターに。妊娠を機にファイナンシャル・プランナー資格(現FP技能士)を取得。約20年にわたり、女性向けのマネー記事を執筆してきた。
 ホームページ「主婦er」の運営や、ワークショップ「『小さな暮らし』を始めるための3カ月家計簿」も手がける。家族は、夫と息子3人(大学生と中学生)。

40代から備えよう「老後のお金」 楢戸ひかるの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事