文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

WHO事務局長「日本は成功している」…対策を評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は25日、スイス・ジュネーブで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全面解除した日本について、「(感染拡大の抑止に)成功している」と評価した。

 テドロス氏は、「(WHOの集計では)ピーク時の1日あたりの感染者数は700人を超えていたが、今は40人程度に抑えられ、死者数も最小限に抑止されている」と指摘した。

 一方で、緊急事態宣言の解除で対策がおろそかになってはいけないとも指摘し、「検査や接触者の追跡、感染者の隔離や、適切な治療を続けるべきだ」と述べた。感染抑止のため、適切な社会的距離を取ることの有効性も強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事