文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

国内で14年ぶり狂犬病患者、比でかまれ感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 愛知県豊橋市は22日、フィリピンから今年2月に来日し、市内の医療機関に入院している患者(静岡市在住)の狂犬病への感染が判明したと発表した。昨年9月頃にフィリピンで犬に左足首をかまれ、感染したとみられる。厚生労働省によると、国内で狂犬病の発症が確認されたのは14年ぶり。

 豊橋市によると、患者は5月11日、足首に痛みを感じた後、食欲不振や腹痛、嘔吐おうとなどの症状を発症した。18日に市内の医療機関を受診し、狂犬病感染の疑いがあるとして集中治療室(ICU)に入院。国立感染症研究所でPCR検査を行ったところ、22日に狂犬病の陽性反応が出た。フィリピンで流行している狂犬病のウイルスに酷似しているという。

 厚労省によると、狂犬病は感染した犬などの動物から感染し、通常、人から人には感染しない。発症すると発熱、食欲不振などの初期症状から恐水症状や幻覚、精神錯乱などの神経症状を経て昏睡状態となり、ほぼ100%が死に至る。

 国内での狂犬病感染は1957年以降、確認されていないが、2006年にはフィリピンで犬にかまれた日本人男性2人が帰国後に発症し、死亡している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事