文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

長引く自粛生活「感染気をつけながら外を歩いて」…筑波大教授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 筑波大の久野譜也教授とバドミントン元日本代表の小椋久美子さんが21日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で長引く自粛生活によって受ける心と体の負担と、その対策について議論した。

 久野教授は、「運動不足の影響で、高血圧や糖尿病が悪化し、社会との関わりも減って、メンタルヘルスが悪化する」と、ウイルスによる健康二次被害について指摘し、「感染予防に気をつけながら、外を歩くなどしてほしい」と述べた。小椋さんは、自宅でできるトレーニングを紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事