文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

お産とリハビリ<1>切迫早産の妊婦に実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

   2018年11月、妊娠25週の時だった。東京都あきる野市の小林久美恵さん(41)は、早産の危険が高い「切迫早産」と診断され、立川相互病院(東京都立川市)に緊急入院した。妊婦向けのヨガ教室に通い始めたばかり。思いがけない出来事だった。

 同病院では10年ほど前から、入院中の妊婦に対し、理学療法士が、おなかが張らない動作や体力維持の運動を指導している。体力も落ちていると感じていた小林さんは、「ぜひ、お願いします」と答えた。

 入院12日目、理学療法士の石渡いしわたり美恵さんが病室を訪ねてきた。体の状態をチェックすると、腰や背中、肩の筋肉が硬く、動かしにくくなっていた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事