文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

日本人、なぜコロナ死者少ない…慶応大など研究班

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 慶応大など8大学・研究機関は21日、新型コロナウイルスに感染して重症化しやすいかなど、遺伝的要因を調べる共同研究班「コロナ制圧タスクフォース」を発足させた。日本人が欧米に比べ人口当たりの死亡者数が少ない点に注目し、日本人の重症化に関係する遺伝子を探すという。

 日本などアジア諸国では欧米に比べ新型ウイルスに対する死亡率が低い。高いマスク使用率や医療システムの違いのほか、地域集団や民族による遺伝的な要素が背景にあるとの見方もでている。

 研究班は、国内約40病院から新型ウイルスの感染者600人の血液を収集し、全遺伝情報(ゲノム)を解析する。軽症・無症状者と重症・死亡者の間に遺伝的な違いがあるかどうかを調べ、9月ごろに研究成果をまとめたいとしている。海外でも進む同様の研究とデータを共有し、比較するほか、成果をもとに重症化の予防に適したワクチンの開発も進める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事