文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

マインドフルネス<8>瞑想で養う「心の柔軟性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

早稲田大文学学術院教授 越川房子さん 1982年早稲田大第一文学部卒。2002年に同大文学部・大学院文学研究科教授になり、現在に至る。13年から日本マインドフルネス学会理事長。

 マインドフルネスについて、日本マインドフルネス学会理事長で早稲田大学文学学術院教授(心理学)の越川房子さんに聞いた。

 ――マインドフルネスを簡単に説明してください。

 「自分の心や体の状態に意識を向けるための、心の訓練法です。『心の筋トレ』と呼んでもいい。実際には、日々の瞑想めいそうを通して練習していきます」

 ――瞑想というと、集中やリラックスを目指すのでしょうか。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事