文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

医療・健康・介護のコラム

【新連載】両親の介護と発達障害児の子育て…ハードな毎日を笑いで乗り越える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
両親の介護と発達障害児の子育て…ハードな毎日を笑いで乗り越える

漫画・日野あかね

20年超の父の在宅生活に幕

 皆さん、こんにちは! ライターの岡崎杏里です。我が家では、当時53歳だった父さんが脳出血をきっかけに認知症になり、介護生活も早20余年。その泣き笑いの日々を、ヨミドクターの連載「認知症介護あるある~岡崎家の場合~」で、2年間にわたってお伝えしてきました。

 私は一人娘ゆえ、結婚・出産後も実家に通いながら母さんと二人三脚で父さんの在宅介護を頑張っていたのですが、その母さんも昨夏から要介護状態に……。まだ幼い息子を抱えて両親ともに在宅で介護するのは無理と判断。父さんには老人保健施設やショートステイを一時利用してもらいながら、いくつかの特別養護老人ホーム(特養)に申し込みを済ませ、入所の順番が巡ってくる日を待っていたわけです。

それぞれの転機

 それからもうすぐ1年、父さんが入る特養が、やっと決まりました。父さんにとっては終の 棲家(すみか) となるかもしれず、そこでの生活は、私たち家族にも全く未知の領域です。

 東北生まれなのに大阪のおばちゃん風というキョーレツキャラの母さんの在宅介護も、想像通り!?モーレツに大変でして……。認知症の父さんの介護とは一味も二味も違う、母娘ならではの介護の苦労話やオモシロ話がてんこ盛りなのです。

 そしてこの春、発達障害(診断名は「自閉スペクトラム症」。現状では知的な遅れはない)の息子のたー君が小学校に上がりました。それぞれの暮らしが大きく変わろうとしている岡崎家。新たに巻き起こるあれやこれやをお伝えするのに、心機一転、フレッシュにスタートを切ろうというのです。

今も葛藤はあるけど…

 実は息子の発達障害については、「認知症介護あるある」も含め、これまでの著作では触れたことがありません。なぜ、このタイミングでカミングアウトをしたのかというと……。

 父さんが認知症だということも、初めはなかなか受け入れられなかったのですが、それ以上に、私にとって息子の発達障害を受け入れるのには時間がかかりました。今でも、心の中に葛藤があります。

 ですが、家族の形が変わろうとしているいま、これまでの道のりを振り返り、本当にたくさんの人の支えで、父さんの介護に「笑い」を見つけて乗り越えてきたことに改めて思いが至ったのです。そして、両親の介護+たー君の育児という「トリプルケア」もオープンにして、笑顔で乗り越えていきたいと考えるようになりました。

 ……と、これまで以上にネタが盛りだくさんの予感!? 新連載も、どうぞよろしくお願いいたします!(岡崎杏里 ライター)

登場人物の紹介は こちら
毎月最終月曜日(原則)に更新します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の日々を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケアの一覧を見る

<PR情報>

1件 のコメント

コメントを書く

ケアはまだ子どもひとりなのですが…

モモ

私は高次脳機能障害があり、統合失調症疑い。精しん2級です。脳脊髄液減少症でも治療中。⬅️この病気では、読みドクターかなり参考になりました。友達が...

私は高次脳機能障害があり、統合失調症疑い。精しん2級です。脳脊髄液減少症でも治療中。⬅️この病気では、読みドクターかなり参考になりました。友達が記事をくれまして。
父は発達の疑いあり、母と弟は精神障害。母は手帳拒否。子どもは同じく自閉症スペクトラム。父、夫心筋梗塞バイパス手術済み。
母、弟はトラブル起こして近所では四面楚歌。村八分です笑。
メンタル弱く二進も三進も行きません。
子どもは放任状態です。
相談出来るところは全て行き尽くしました。
ひとりケアですが、どうも出来ません。夫も仕事か寝てるかで頼りに出来ません。
障害を持つ親御さんの日常も気になります。子どもばかりで、親は少数な記事しかないですから。
理想は、わがままは、アドバイス的な記事を載せて欲しいです。
私だけって事は無いと思いますので、周知も兼ねて、お願いしたいです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事