文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

[看取り犬・文福](6)なぜ人の死を見守るのか 殺処分の恐怖体験が原動力?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 文福が暮らすユニットでは、この8年間で20名近くのご入居者様が亡くなっています。その大部分の方の逝去を文福は予測し、 ()() り活動を行っています。文福が本当に人の死を予測できるのか、科学的な検証はできませんが、逝去された方の大部分について文福が看取り活動をした、ということは事実です。

ベッドに乗り、看取り活動をする文福

ベッドに乗り、看取り活動をする文福

人の死を匂いで感じても不思議じゃない

 前にも書いた通り、拙著「看取り犬・文福の奇跡」の読者のお医者さんから、文福は匂いで人の死を感じ取っているのではないか、というお手紙を頂きました。そのお医者さんは、高齢者が何も食べられず、自然と弱っていき、亡くなる場合、ご自身も匂いで亡くなることを察知できることがあるとおっしゃっていました。人間でもできるのだから、嗅覚が優れた犬ならより可能であろうと。

 うちのスタッフたちも、そう考えています。実際にさくらの里山科にも、ご入居者様があと数日で亡くなるかなということを、匂いで察知できるスタッフは何人もいます。文福ほどピンポイントではありませんが。何も食べられなくなり、水も飲めなくなり、木が枯れていくように自然な形でお亡くなりになる場合は、確かに独特の匂いが感じられます。嗅覚が敏感な人なら、そして犬の優れた嗅覚なら、その匂いをより鮮明かつ具体的に感じ取ることができても不思議はありません。

米国には看取りをする猫 最近はがん探知犬も

 実はアメリカには、文福とよく似た行動をする猫がいました。ロードアイランド病院付属ナーシングホーム(老人ホーム)「ステアー・ハウス」で飼われていたオスカーという猫が、がん患者が亡くなることを予測して、その最期に寄り添っていたのです。こちらは、うちの文福みたいに、私たちが勝手に考えているようなレベルの話ではなく、医学誌で発表されるなど、科学的に検証されています。「オスカー 天国への旅立ちを知らせる猫」(デイヴィッド・ドーサ著、早川書房)という本も出版され、世界中でベストセラーになりました。

 最近は、犬が嗅覚でがんを察知することも注目されていますし、海外では人の低血糖を感知する犬が実際に医療現場で働いているそうです。そのような事例を考えると、文福の行動も決して不思議ではないのかもしれません。

 そこで私は一つの仮説を立ててみました。高齢者が何も食べられなくなって自然に亡くなるような場合には、すべての犬がその死を予測できるのではないかという仮説です。

 この仮説が正しい場合、文福と他の犬の違いは、入居者の死を予測できるか、できないかではありません。予測して看取り活動をするか、しないかの違いです。

 ではなぜ、文福は看取り活動をするのでしょうか。文福と一緒に暮らす他の犬は、ご入居者様の死を予測できたとしても、看取り活動はしていないのに、文福だけがしているのだとしたら、その理由は何なのでしょうか。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里 山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

感動しました。

コロ

毎回こちらのコラムに感動しております。 文福の写真、処分寸前の写真の顔と施設で過ごす写真の顔、表情が ぜんぜん違いますね。今現在の表情はとても穏...

毎回こちらのコラムに感動しております。
文福の写真、処分寸前の写真の顔と施設で過ごす写真の顔、表情が
ぜんぜん違いますね。今現在の表情はとても穏やかで、優しい表情です。
文福に見取られる入所者の方も幸せですし、入所者を看取る文福も幸せだと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事