文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

市立病院管理の40代元社員、マスク400枚盗みネットで売る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

マスク盗難に元社員が関わったとして謝罪する会社の関係者(名張市役所で)

 三重県名張市は18日、市立病院で、施設管理を委託している会社の40歳代の元社員の男が、院内の倉庫からマスク400枚を盗み、ネットオークションで売っていたと発表した。被害届を受けた名張署は13日、元社員を窃盗容疑で津地検伊賀支部に書類送検している。

 市立病院と会社によると、元社員は今年1月から2月にかけ、管理する鍵を使い、複数回にわたってマスクなどを保管する院内の地下倉庫に侵入。医療用マスクN95を10箱(200枚)、サージカルマスク4箱(200枚)(計2万4612円)を盗み、インターネットオークションに出品、計23万632円で売っていた。

 病院で使う消耗品の在庫管理をしている別の業者から3月10日、マスクの在庫数が記録と合わないと指摘を受け、病院側が調査。元社員は3月30日に、会社の上司に持ち出したことを申し出た。同社は4月1日付で元社員を懲戒解雇処分にし、病院に被害に遭ったのと同種のマスクを提供した。

 事件後、病院はマスクなどの備品を、別室で保管するなど管理を徹底。吉岡昌行事務局長は「全国的にマスク不足のなかで被害に遭ったことを重視した。在庫管理や施設管理体制を見直して再発防止に努める」とコメントした。

 元社員は18年間、病院を担当し、担当の4人の班長を務めていた。記者会見で同社幹部は「迷惑をかけおわび申し上げる。元社員の勤務態度にこれまで問題はなく驚いている。コンプライアンスの徹底に向け、社員教育、管理体制の強化を図る」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事