文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

困窮大学生らに1人最大20万円、政府が支援策を閣議決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は19日の閣議で、新型コロナウイルスの影響を受けて困窮する大学生らへの支援策を決定した。今年度予算の予備費を活用し、1人あたり最大20万円を給付する。対象者は約43万人に上り、支援総額は約530億円を見込む。

 全国の大学や大学院、短大、高等専門学校、専門学校、日本語学校に通う学生が対象で、留学生も含む。住民税非課税世帯の学生に20万円、それ以外の学生には10万円を支給する。実家を離れ、アルバイトで学費などをまかなう学生が、感染拡大による収入減で苦しんでいるケースを想定している。

 各校が対象者を審査・集約した上で、日本学生支援機構(JASSO)が本人に支給する。萩生田文部科学相は19日の記者会見で「政府として検討し、緊急給付金を創設することとした」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事