文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

日経平均終値96円高、経済活動再開へ期待感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 週明け18日の東京株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大で停滞していた経済活動が再開しつつあることが好感され、買い注文が優勢となった。日経平均株価(225種)の終値は前週末比96円26銭高の2万133円73銭となった。

 国内の新規感染者数が減少傾向にあることや、米株価指数の先物が値上がりしたことが投資家心理を支えた。ただ、実質国内総生産(GDP)が2四半期連続のマイナス成長となったことや米中対立激化への懸念から日経平均は2万円を割り込む場面もみられるなど不安定な値動きとなった。

 市場では「経済再開への期待と景気停滞への懸念との綱引きで、しばらくは方向感を欠いた展開になる」(大手証券)との見方が出ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事