文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

NY州知事、自らウイルス検査…鼻に綿棒「痛くない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

17日、記者会見中に新型コロナウイルスの検査を受ける米ニューヨーク州のクオモ知事(左)=ニューヨーク州提供

 【ニューヨーク=橋本潤也】米国で新型コロナウイルスの感染者が最も多いニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が17日の記者会見で、記者を前に自らウイルス検査を受ける様子を披露した。経済活動の再開に向け、感染の可能性がある人に対し、積極的にPCR検査を受けるよう協力を呼びかけた。

 マスクなどで防護した医師がクオモ氏の鼻に綿棒を入れ、粘膜からサンプルを採取した。数秒で済み、クオモ氏は「痛くない。不快感もない」とアピールした。

16日、ニューヨーク市中心部の公園で、周囲との距離を保つため芝生に描かれた円内で日光浴を楽しむ人たち(ロイター)。新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向となり、外出する人が増えている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事