文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

4万円相当の「置き配」段ボール盗む…無職男「この時期は金目のものあると」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 他人の家の前から荷物を盗んだとして、警視庁王子署は、住所不定で無職の男(46)を窃盗容疑で逮捕した。逮捕は14日。容疑を認めており、王子署は、集荷待ちや配達のため玄関先などに置かれた「置き配」の荷物を狙ったとみている。

 王子署幹部によると、男は4月9日午前10時半~午後1時頃、東京都北区王子の団地通路で、衣類や化粧品など計114点(約4万円相当)が入った段ボール箱を盗んだ疑い。住人の女性が宅配業者に引き取りを依頼し、玄関先に置いたものだった。

 利用者が宅配業者と対面しない置き配は、新型コロナウイルスの感染防止策として広がっている。調べに対し、男は容疑を認め、「この時期なので金目のものがあると思った。3月中旬以降、ほかにもやった」と供述。盗品はリサイクル店で売ったという。 付近で、置き配の荷物が盗まれる事件が16件あり、王子署が関連を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事