文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

谷本道哉の【すぐやる健康体操】背筋運動編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスによる外出の自粛で自宅にいる時間が増えると、気になるのはやはり運動不足。「筋肉は裏切らない」の決めゼリフでおなじみの近畿大・谷本道哉准教授に、子供からお年寄りまで、自宅で簡単にできる「すぐやる健康体操」を紹介してもらう。今回は「背筋運動」。

座ってお辞儀、背すじピン

 上半身の姿勢を支える筋肉としては、実は、腹筋よりも背筋のほうが大事です。人の姿勢は元々、やや前かがみで、後ろから引っ張って支えているからです。

 だから、疲労がたまりやすいのも、おなかよりも背中。マッサージもうつ伏せで背中をみますよね?

 家で座って過ごしてばかりいると、姿勢を支える背筋群がどんどん弱っていきます。腰痛になりやすく、姿勢が崩れると、肩こりの原因にもなります。

 背筋群をしっかり鍛えて、背すじのピンと伸びたきれいな姿勢を作りましょう。見た目も美しいですし、気持ちも引き締まります。

 背筋群は、椅子に座って大きくお辞儀をして起き上がる運動で鍛えます。地味な動きですが、丁寧に行うとかなり効きますよ。

きつければ手を膝に、強い人は礼拝のように

 座って足を開き、手を胸の前にクロスして構えます。背中を丸めてお辞儀をして、背中を反らせて起き上がります。

 きつい人は手で膝を押しながら行いましょう。余裕のある人は両手を上げて万歳しながら礼拝するように行ってください。

 10~15回程度で、できる回数を、1日おきくらいに行うと良いでしょう。(次回から、ランナーのための筋トレを紹介します)

プロフィル

 たにもと・みちや 1972年生まれ、静岡県出身。大阪大学工学部卒、東京大学大学院で博士号を取得。2013年から近畿大生物理工学部准教授として、筋生理学などを教える。NHK番組「みんなで筋肉体操」など、筋トレの指導役としても活躍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事