文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

息苦しさ「すぐ相談」、「37・5度」削除…コロナ受診の新目安公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染が疑われる場合の新たな「相談・受診の目安」を公表した。2月に示した目安では「37・5度以上の発熱が4日以上続く」場合に、保健所などの相談窓口に連絡するよう求めていたが、新たな目安では体温や日数の基準は削除した。

 新たな目安では、▽息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある▽高齢者ら重症化しやすい人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある――場合などには、保健所などに設置された窓口「帰国者・接触者相談センター」にすぐ相談するよう求めている。また、一部の感染者に確認された「味やにおいを感じにくくなる症状」が出た場合も、相談できる。

 同省結核感染症課の担当者は「自宅療養中の軽症者の容体が急変し、亡くなる事例もあった。『おかしい』と思ったらすぐに相談してもらえるよう、分かりやすく整理した」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事