文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ひどいめまい 片側前庭障害

 毎日、横になっているとき以外はひどいめまいに悩まされており、進行性の片側前庭障害との説明を受けました。リハビリ以外に治療法はないと言われましたが、何か楽になる方法はないでしょうか。(69歳女性)

リハビリ 納得して続けて

堤 剛 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科教授 (東京都文京区)

 前庭とは、内耳の中にある体のバランスを保つための部位です。片側前庭障害は文字通り、前庭の片側の機能が低下した状態を指します。その中には多様な病態が含まれており、メニエール病や前庭神経炎、腫瘍によるもの、原因不明のものなど多岐にわたります。

 質問者がどのような状態にあるのかは判断できませんが、治療法がリハビリ以外にないとされたのであれば、今のところ原因が特定できていないか、何らかの病気にかかった後に前庭障害が残ってしまったことが考えられます。

 前者であれば、病気を特定することで治療法が見つかることもあるので、通院を継続して経過をよくみてもらうか、場合によっては他の医師の意見を聞いてもいいでしょう。日本めまい平衡医学会のサイトに「めまい相談医」の一覧が公開されているので、参考にしてください。

 後者であれば、主な対処法はやはりリハビリです。ただ、前庭障害は、両側の場合よりも片側の方が、良好な経過をたどることが多いです。リハビリの目的や期待している効果について医師に確認し、理解すると、納得して続けられるでしょう。近年、慢性のめまいやふらつきは世界的なトピックです。「持続性知覚性姿勢誘発めまい」という新たな概念も提唱され、治療法の開発も進んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。