文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

医療・健康・介護のコラム

「コロナうつ」、それって病気? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「コロナうつ」、それって病気? 

 「コロナうつ」の言葉を目にします。感染するかもしれないという不安、伝えられる死亡者のニュース、外出自粛という生活の変化、仕事の先行きの心配……。気持ちが落ち込んだり、よく眠れなくなってしまったりすることがあるかもしれません。新型コロナウイルスにともなう心の不調、「コロナうつって、病気?」という素朴な質問に、精神科医の夏目がお答えします。

「コロナうつ」は病名ではありません

男子社員:朝から晩までコロナの話ばかり。仕事はテレワークで、休日も「Stay Home」ですよ。

女子社員:新型コロナへの不安や恐怖心はありますよ。

男子社員:沈んだ気分になりますね。 

夏目医師:では、メンタル面の影響を考えてみよう。

男子社員:「コロナうつ」や「コロナ恐怖」、「コロナ不安」、「コロナ疲れ」という言葉をネットでも見かけますね。

女子社員:「コロナうつ」ってよく聞きますが。うつ病のことですか?

夏目医師:確かに、注目を引く言葉。でも、きちんと定義して使っていない用語です。いずれもコロナを頭につけたマスコミ用語ですね。うつ病とは、言えませんよ。

女子社員:病名じゃないんだ。

男子社員:医学用語でもないの?

心の状態の説明

夏目医師:医学用語でもありません。心の様々な状態を端的に、わかりやすく示す言葉と受け止めてください。「コロナうつ」は新型コロナへのストレスから、沈んだ気分になる、気力が低下している状態を表しています。「コロナ不安」は、気になって落ち着かない様子。「コロナ恐怖」は、感染への恐怖感情。

女子社員:状態なんですね。

男子社員:「コロナ疲れ」は不安や恐怖が続き、疲れた状態ですね。

夏目医師:そうそう。

生活に支障が続けば「障害」

女子社員:どういう状態になると、病気ですか?

男子社員:それとストレス過剰との違いも含め、教えてください。

夏目医師:新型コロナストレスと個人の性格や行動パターンの絡みから発生し、症状が出ます。訴えや行動から判断します。

男子社員:訴えと行動から?

夏目医師:だから難しいです。家族や関係者の見方も聞きます。

男子社員:行動を聞き取るわけですね。どこを見ますか?

夏目医師:医療的な対処が必要な「病気」や「障害」とは、ザックリ言えば症状のために、日常生活に支障が続く場合です。例えば会社に出勤できないとか、仕事や家事ができないとか、能率が低下してミスが増える、ということが続いた場合です。

女子社員:何日くらいですか?

夏目医師:2週間以上続くことです。

支障の程度で区別する

男子社員:では、病気と過剰なストレスの違いはどこにありますか?

夏目医師:図を見てください。専門的になりますが、3つの段階があります。「健常」「過剰ストレス」、そして「障害」です。レベルの区分は、主として「日常生活への支障の程度」で判断します。

id=20200507-027-OYTEI50013,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true

男子社員:健常って、健康ってことですね。

夏目医師:そうです。一時的にコロナが気になる状態です。何かに集中していれば忘れます。

女子社員:ストレスが過剰なら、もっとコロナのことが気になるのですか?

過剰ストレス、仕事はできるが不調です

夏目医師:そうですね。過剰ストレスでも、仕事や家事はできますが、ストレスが頭から離れない状態を言います。

女子社員:不安が頭から離れないような過剰なストレスがかかっていると、生活にも仕事にも影響しますよね? これは「支障」ではないのですか?

夏目医師:心身の不調ですね。例えば、頭痛や肩こり、下痢、血圧上昇などが起こります。あるいは、嗜好品、お酒やコーヒー、たばこが増加しますね。支障が出ない程度の不調です。

男子社員:身体だけですか? イラッとするのが増えますが。

夏目医師:イライラ、ムッとしやすい、寝つきが悪い、眠りが浅いなども、ストレスによる症状ですね。

新型コロナ禍で、過剰ストレス者が増加

女子社員:沈みがちなので、わたしは「コロナうつ」です。仕事はしているので、過剰ストレスかな。

夏目医師:そうですよ。

男子社員:僕のコロナ疲れも同じですね。

夏目医師:2人とも、病気ではありませんよ。今、新型コロナ禍で、多くの人が過剰ストレス状態になっていますよ。不調が出ますから、ストレス解消が大事です。

男子、女子社員:気分転換を心がけます。

夏目医師:それと睡眠ですよ。運動で発散し、適度な疲れで、グッスリ眠ることです。

最後に、「マコトの一言」で締めさせていただきます。

id=20200507-027-OYTEI50014,rev=2,headline=false,link=true,float=center,lineFeed=true
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事