文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

石蔵文信の「男と女の楽しい更年期!」

医療・健康・介護のコラム

妻が買い物に出たまま戻らない…熟年離婚で失う「最も大きなもの」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最近では、熟年離婚も当たり前になってしまいましたので、話題にもなりません。特に、夫が定年退職をし、家でぶらぶらしているような60~65歳以上の夫婦が危険だと言われています。

 先日も週刊誌に驚くような記事が載っていました。それは「ふらっと『家出離婚』」が急増しているというのです。妻が「買い物に行く」「ゴミを出しに行く」などと言って家を出たまま戻らず、夫が心配して警察に相談しようとする頃、「大丈夫だから捜さないでほしい」と連絡があるそうです。そして、しばらくすると「離婚をしてほしい」と離婚届が届くという、夫にしてみれば理解不能な状態に追い込まれます。しばらく前から、いつ離婚してもいいように準備をしていた妻もいるようですが、突然、外出中に姿をくらます無計画な方もいらっしゃるようです。

口調は優しくても…

 離婚に至る原因は、私が口を酸っぱくしてお話ししているように「夫の上から目線や支配的な行動」、いわゆるモラハラが多いのです。しかし、夫の方は、「暴力をふるってない」とか「暴言を発したことはないから大丈夫だ」などと思っているようです。言い方は優しくても上から目線で、例えば「あれ、やっといたか?」とか、「今日中にこれをやっておきなさい」とか言っていると、妻の心に大きな傷が残ります。

 「何をやらせてもだめだな!」とか「俺がいないと大変だ!」など、妻の人格を否定する発言を無意識にしている夫も少なくありません。さらに、「妻が旅行に行くのを許可しています」「妻は自由にさせています」といったように、いかにも理解のある“上司”のような夫も危ないようです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ishiukura-prof150

石蔵文信(いしくら・ふみのぶ)

 内科・循環器・性機能専門医。大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授。大阪市内と都内で男性更年期外来を担当。主な著書に『夫源病』(大阪大学出版会)、『男のええ加減料理』(講談社)、『なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略』(幻冬舎新書)など。自転車による発電に取り組む「日本原始力発電所協会」代表を務め、男性向けの「ええかげん料理」の教室を各地で開くほか、孫育てに疲れた高齢者がネットで集う「孫育のグチ帳」を開設するなど多彩な活動をしている。ホームページは「男性更年期 夫源病 石蔵文信

石蔵文信の「男と女の楽しい更年期!」の一覧を見る

9件 のコメント

コメントを書く

人生ってあなたしだい

ピカピカ

夫から離婚を迫られて離婚した60歳の女性です。今更、なぜ? と話し合いましたが受け付けてくれず、最後はモラハラ攻めで、根負けしました。でも、その...

夫から離婚を迫られて離婚した60歳の女性です。今更、なぜ? と話し合いましたが受け付けてくれず、最後はモラハラ攻めで、根負けしました。でも、そのおかげで人生の自由を手に入れました。嫌な親戚付き合いもなくなり、毎日、青春?を謳歌(おうか)しています。先々の心配は? まったくありません。コロナ禍では誰もが先のことはわからない。だからこそ、先が見えないからこそ、前に進みます。今が幸せでないと先々が幸せなはずがない、と確信しています。選べばあるのです。自分の人生が。

つづきを読む

違反報告

歴史より健康

よみ

結婚25年目に離婚しました。趣味のバンド活動と数えきれないほどの不倫、友人との付き合いに忙しい夫との暮らしは、ほぼワンオペ育児と貯金ができない生...

結婚25年目に離婚しました。趣味のバンド活動と数えきれないほどの不倫、友人との付き合いに忙しい夫との暮らしは、ほぼワンオペ育児と貯金ができない生活の日々。良い思い出も多少はありますが、あれこれ調べて予約する自分と何もしない夫、行列に一人で並ぶ自分と近くで座って飲み物を飲んで待っている夫と子ども、バンドの重い機材を持ち帰る自分と打ち上げに飲みに行く夫――というように嫌な思い出もセットになっている。老親に心配をかけたくない、子どもへの影響を考えると離婚に踏み切れきれず、気が付けば体を壊して病院通いの日々。離婚した今は、薬を定期的に飲まなければいけないけど、原因不明の不調はなくなって穏やかに過ごせています。義実家(夫の家)との付き合い、2人分の老後の心配もなくなって使える時間とお金が増えるってメリットもあります。

つづきを読む

違反報告

女癖が悪い旦那

めざまし

結婚生活25年、旦那に3回も不倫をされました。1回目は子どもが生まれてすぐのころ。飲み屋さんでシングルマザーに共感、相談に乗って情が湧き……。そ...

結婚生活25年、旦那に3回も不倫をされました。1回目は子どもが生まれてすぐのころ。飲み屋さんでシングルマザーに共感、相談に乗って情が湧き……。その10年後も、飲み屋で違う女性と知り合い、相談に乗り…、2回目の不倫が発覚。さらに10年後、今年結婚25周年なのに、また不倫をされました。病気なのか情に流されやすいのか、相談に乗ると断ることができないのか、女好きなのか欲求不満なのか正直分からないです。定年退職後は、とても一緒には居られません。どれだけ人を侮辱すれば気がすむのでしょう。子どもが自立したら自由になりたいです。今は旦那の給料を自分の口座にせっせと移し、頑張ってお金をためています。不倫でどれだけ傷つけたかを思い知らせ、後悔してどん底まで落ちる旦那の姿を見せたいです。けたか思い知らせて後悔してどん底迄落ちる姿を見せたいです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事