文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のわーままクリニック

医療・健康・介護のコラム

立ち会い出産や面会ができない施設も…情報少ない「コロナと妊娠・胎児」 感染予防は念入りに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

出産は感染のリスクが高い行為

 また、出産は、陣痛の際、いきみを逃すための呼吸法を行うときの 飛沫(ひまつ) や、体液の飛散などがあり、感染のリスクが高い行為です。そのため流行地域では、立ち会い出産や面会ができなくなっている施設が多くなっています。心細い妊婦さんが多いと思いますが、 分娩(ぶんべん) 先の方針に従っていただきたく思います。

 院内感染のリスクを減らすため、妊婦さんが新型コロナウイルスに感染したと分かった場合、予定していた産院で産めなくなったり、出産方法が帝王切開に切り替わったりすることもあります。出産施設や地域の自治体が、臨月の妊婦さんに新型コロナウイルスのPCR検査を行っているところもあります。どういった方法が最善なのかは、地域や施設による事情もありますし、現状は試行錯誤の段階ですが、何か心配ごとがあれば、かかりつけ医にご相談ください。

学会「里帰り出産は控えて」

 日本産科婦人科学会では、現在のところ、「感染拡大防止のため、里帰り出産は控えたほうがいい」とアナウンスしています。産後、ご実家で上のお子さんや身の回りの世話をしてもらうつもりの妊婦さんも多いと思いますが、地域によっては、平時でも周産期医療のキャパシティーがいっぱいなところもあります。もし、新型コロナウイルスが持ち込まれて院内感染し、一時的に分娩を停止しなければいけなくなったりしたら、地域の周産期医療が崩壊することも十分にありえます。妊婦さんは社会から優先して守られるべき存在ですが、新型コロナウイルスから命を守るため、妊婦さん自身が感染を広げることのないような配慮もお願いします。

 妊娠中に新型ウイルスのパンデミックを経験され、動揺されている方が多いと思いますが、赤ちゃんの誕生は、ご家族の方々だけでなく、私たち医師にとっても希望であり喜びです。日本産婦人科医会や日本産婦人科感染症学会など専門機関のホームページも参考に、十分に感染対策をしながらマタニティーライフを送ってください。(宋美玄 産婦人科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_300

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。
1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。 詳しくは宋美玄オフィシャルサイト

過去コラムはこちら

宋美玄のママライフ実況中継

宋美玄のわーままクリニックの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事