文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】休業応じぬパチンコ店、都がきょう公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都内で休業要請に応じないパチンコ店について、都は28日にも、改正新型インフルエンザ対策特別措置法45条に基づき、店名を公表する方針を決めた。都が調査したところ、26日時点で22店が営業を続けており、都は27日、営業中の店舗に公表を事前通告したという。

 都によると、都内にはパチンコ店が約780店舗あり、小池百合子知事は23日時点でこのうちの41店が休業要請に応じていないことを明らかにしていた。都は25日以降、都民らから情報提供があったパチンコ店を職員60人体制で調査。26日時点で22店が営業している実態を確認したという。

兵庫県6店公表

 兵庫県は27日、新型コロナウイルス対策の休業要請に応じていない県内のパチンコ店6店の名前を公表した。大阪府では24日の公表後も営業を続ける店が3店あるが、兵庫県の井戸敏三知事は記者会見で「店舗や利用客に感染拡大防止に対する自覚を促す意味もあり、効果を期待したい」と述べた。

 県によると、県内のパチンコ店は391店。25日に職員を派遣した際、16店が営業継続の意向を示したが、27日に再確認したところ、「要請に従う」などとして10店が休業したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事