文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

プロ野球・阪神タイガース選手 原口文仁さん

一病息災

[プロ野球・阪神タイガース選手 原口文仁さん]大腸がん(4)野球で悩めるのは幸せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[プロ野球・阪神タイガース選手 原口文仁さん]大腸がん(4)野球で悩めるのは幸せ

 昨年11月、がんや難病と闘う子どものための施設を慰問したときのこと。自身の大腸がんが進行性の「ステージ3b」だったと公表すべきかどうか、施設の医師に意見を聞いてみた。「3bで薬を飲みながら野球を頑張ったのはすごいこと。事実を知ったら、多くの人が勇気をもらえると思う」との答えが返ってきた。

 さっそく2日後、記者会見を開き、初めて病状の詳細を明らかにした。「いま闘っている人たちに『僕も、私もできる』と思ってもらえたら」。決然と、でも深刻すぎないようにと努めた。「病気はしたけど、元気に野球できているよ」と伝えたかった。

 がんになる前はプレーのことで自分を追い込み、思い悩んだ。「限りある命」と身をもって知った今は、「野球で悩めるのは幸せだ」と思える。治癒の一つの目安となる診断後5年に向け、あと4年、半年に1度の検診を続けていく。

 慈善活動にも力を入れる。がんの早期発見・治療の大切さを伝える「グッチブレス」を販売し、収益の全額をがん関連団体に寄付。今年1月にはチャリティーランイベントを開いた。

 今季の目標は、正捕手の座を勝ち取り、攻守でチームを優勝に導くことだ。「チャリティーを続けられるよう野球をもっと頑張りたい。責任を感じます」。持ち前のひたむきなプレーで、勇気や希望、感謝の思いを伝える。

 (文・佐々木栄、写真・吉野拓也)

プロ野球・阪神タイガース選手 原口 (ふみ)(ひと) さん(28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

プロ野球・阪神タイガース選手 原口文仁さん

最新記事