文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」

医療・健康・介護のコラム

とりあえず5月6日まで頑張ろう 自粛要請もゴールはあった方がいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一人一人の意識の高さが問われる自粛要請

 よく言われる「3密」や「ソーシャルディスタンス」というのは、あくまで外出した場合の注意事項であり、根本的にはやはり家から出ないということが重要になってくると思います。

 日本は不要不急の外出でも、高額な罰金を取られたり、逮捕されたりすることはないわけですから、逆にいうと、明らかに我々一人一人の意識の高さ、目線の高さが問われていると思います。我々自体に課せられた自粛要請などの制限自体は、諸外国と比較しても厳しくはありませんので、その分、規律性や忍耐力についても、合わせて問われているような気がします。

「いつまで頑張ればいいの?」

 大阪府の吉村知事は「自粛要請は5月6日まででやめるべき」という内容のコメントをされていました。あくまで私の勝手な解釈ですが、このコメントは「自粛は5月6日まででおしまいにするから、それまではどうにか頑張ってくれないか? 頑張ろうよ!」と訴えているように見えました。

 実際、現在の自粛要請の期限となっている5月6日が過ぎた後のことは誰にもわかりません。今より状況が悪化している可能性だって十分あります。ただ、具体的なゴールを設定したことについては、個人的にはすごくいいなあと思いました。これなら「外出できないのはつらいけど、とりあえずそこまでは頑張るか」という気持ちになれるからです。「頑張ろう、頑張ろう」とよく言いますが、じゃあ「いつまで頑張ればいいの?」と言われると誰も返答できません。それでは誰だって疲れ切ってしまいます。マラソンだってゴールがあるから頑張れるわけです。

 ただでさえ、ウイルスという「見えない敵」と戦っているわけですから、このゴール設定はすごく理解できました(状況いかんによっては、当然変わってくるとは思いますが)。次回のこのコラムの配信の頃には、新型コロナウイルス感染がどうなっているのでしょう。私も病院勤務ですので、連日の出勤はあるのですが、それ以外の不要不急の外出は控えます。少しでもいい方向に向かってくれないかな、強くそう思います。(遠藤幸紀 皮膚科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190219-kendo-prof200

遠藤 幸紀(えんどう・こうき)
皮膚科医。東京慈恵会医科大学皮膚科講師。乾癬かんせんという皮膚疾患の治療を専門とし、全国の乾癬患者会のサポートを積極的に行っている。雑学やクイズに興味があり、テレビ朝日「Qさま!!」の出場歴も。

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事