文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

医療・健康・介護のコラム

「新型コロナストレス」をチェック!……巣ごもり生活どう対処する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルス感染者の広がりを受けて、安倍首相は4月16日に「緊急事態宣言」を全国まで広げました。3密(密閉、密接、密集)を減らすために、「テレワーク・リモートワークにしてほしい」と企業に強く要請しています。40歳の遠藤太郎さん(仮名)は企業の課長。週のうち4日は在宅、いわゆるテレワーク、1日は出勤となりました。まずは、部課長を中心にテレワーク体制を検討し、必要な資材購入などで、てんてこ舞いでしたが、体制ができあがりました。

家族4人がうちにいると……

遠藤さん:(家族は以前より対人距離を取って座っています)

テレワークになったけど、課長だから準備が大変だったよ。通勤が減り、楽になった反面、変化が大きくて、体のリズムが対応できていないね。

妻   :あなたはテレワーク、子どもの学校は休校。狭い家に4人がいつもいるから、家事が増えて大変よ。

長男  :中学が休校。サッカーのクラブ活動ができない。友達とも会えないし、うーん、体が鈍るよ。

長女  :小学校も休校だから、動画も見飽きてくるしね。

遠藤さん:テレワークに慣れていないから、仕事の能率が半分ぐらいに下がっている気がするんだ。イラッとすることもあってね。

   私もそうよ。毎日3食を4人分も作らなければいけないし、掃除は増えるしね。

長男  僕はゲームをやっていられるのは面白い。

長女  お母さん、大変なら、私、手伝うよ。

   隆(長男、仮名)も家事を手伝いなさい。ゲームは2時間までよ。

遠藤さん:お前の気持ちも分かるよ。なんか疲れやすいよ。

 テレワークに伴うストレスと対処法のチェックリストを作成してみました。ストレス科学専門家である夏目が原案を作り、産業医や研究者、看護職16人と勤労者9人の計25人に意見をいただいて完成させたものです。三つ以上あったら今すぐに対処してほしい、二つは要注意です。
 皆さん、チェックリストが三つ以上の時はどうしますか? 多くの人が活用できるように、対処リストを作成しました。

  二つ以上に○がつくと望ましいです。それより少ない方は、リストを参考に行ってみて下さい。

今、必要なのは、免疫力アップ

 今、一番最も求められるのは「免疫力向上」です。疲れやストレスは免疫力を下げますから。ポイントは喜怒哀楽の感情発散と運動、睡眠時間の確保です。特に笑う、泣くのが免疫力向上に良いです。例えばテレビや動画、DVDなどで、落語や漫才、新喜劇、コント、お笑い芸人の番組を見ながら笑うのは最高です。

 また、悲しい歌を聴いて、歌いながら涙するのも良いでしょう。疲れやストレスがある時は、「明るい歌」は負担になるので。あるいはロックやラップを歌いながら踊るのも最高。笑いや涙、汗とともに疲れやストレスが流れ、発散していきます。免疫力もアップですよ!

運動し、睡眠確保を

 睡眠を確保すれば免疫力がアップします。気を付けてほしいのは、家に閉じこもり体を動かさないと、肉体的疲労がないので、寝つきが悪くなり、眠りも浅くなることです。筋トレ・スクワット・ストレッチ、腹筋などの運動や、近所を散歩して、体を動かしてください。1日6000歩を目標にしてね。

 チェックリストに助言をいただいた25人の先生方や仲間に感謝しながら、最後に、「マコトの一言」で締めさせていただきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事