文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

注意!「ビタミンDや乳酸菌に新型コロナ予防効果」は根拠なし……国立健康・栄養研究所が呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染予防によいとして、ネットなどで話題になっているビタミンDや乳酸菌、ビフィズス菌などの食品について、国立健康・栄養研究所は、「現時点では効果を示すという報告はない」として注意を呼びかけている。同研究所では、話題になっている食品について、研究論文を調べ、ウェブサイト「『健康食品』の安全性・有効性情報」で評価を公開している。

効果示す論文は見当たらず

 

注意!「ビタミンDや乳酸菌に新型コロナ予防効果」に根拠なし……国立健康・栄養研究所が呼びかけ

 ビタミンDについては、インフルエンザに対して限定的な予防効果を示した論文を根拠にして、新型コロナウイルスの予防にも効果があるかのような宣伝が見られるが、そのような効果は確認されていないとしている。インフルエンザについても、効果がなかったとする論文もあり、ビタミンDの予防効果は確かめられていない。新型コロナウイルスに関して検討した論文は見当たらなかったとしている。

 プロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌など)は、風邪やインフルエンザの発症を低下させたという論文がある一方で、効果がなかったとするものもあった。また、症状の持続期間の短縮に関する報告もあったが、ヨーグルトや飲料など摂取する形態や、摂取する人の体調や体質にも関係する可能性があり、インフルエンザに効果があるという十分な証拠はないとしている。新型コロナウイルスに関連した論文は見当たらなかったという。

 ほかに同研究所で調べても研究報告が見つからなかった食品には、納豆、オリーブ葉エキス、マヌカハニー、水素水を挙げている。食品保健機能研究部の千葉剛部長は「食べても新型コロナの予防にはならないので、注意を喚起しています。いいと思って大量に摂取すると、栄養が偏ってしまう心配もあります。納豆やプロバイオティクスは、食品の一つとしてバランスよくとってください」と話している。同研究所では、新たに検討した食品をウェブサイトに随時、追加していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

<PR情報>

最新記事