文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

レバーの黒糖揚げ…血液に欠かせない鉄分たっぷり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、鉄分たっぷりの栄養満点レシピ「レバーの黒糖揚げ」のご紹介です。

 レバーは非常に栄養価の高い食材です。栄養素の中でも、なかなか取りにくい「鉄分」が多く含まれています。鉄分は血液を作る上で欠かせない栄養素です。健康な血液は体の中の臓器に作用し、体の調子に大きな影響を与えるので、積極的に取っていきたい食材です。

 レバーと言っても「鶏レバー、豚レバー、牛レバー」と色々な種類があります。違いはあるの?とよく聞かれることがあります。レバーは見た目も大きさも違い、もちろん味にも違いがあります。そんな中でおすすめは豚レバーです。レバーの中でも臭みが抜けやすいので、味が苦手!という人でもおいしくいただけます。そんな豚レバーにも丁寧な下処理をします。臭み抜きのために牛乳に1時間浸す。さらに流水で5分以上流すことで、より臭みをとることができます。

 味の決め手は黒糖です。黒糖は栄養素が多く含まれているので、実は給食で使用することが多いのです。黒糖独特の見た目や味は、サトウキビ本来のもの。カルシウム、銅、亜鉛などの栄養素が含まれています。レバニラのように野菜と一緒にいためるのもいいですが、黒糖を使用しているので、今回はレバー単体で楽しめる主菜です。副菜として横にサラダなどを置くといいですね。とてもおいしいので、ぜひ作ってみてください。

[作り方]

(1) 牛乳をボウルに入れ、レバーを約1時間浸す。その後、流水で5分流す。

(2) レバーの水気をきり、キッチンペーパーで水気をふき取る。ビニール袋にレバーと片栗粉を入れて衣をまぶす。

(3) 油を170度に加熱し、レバーを揚げる。別の鍋に調味料を入れて一煮たちさせ、揚げたてのレバーを絡めて完成。(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事