文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語 もろずみ・はるか

医療・健康・介護のコラム

感染すれば重症化の危険 移植患者の気持ち「もっと伝えよう」…背中を押した元五輪選手の言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「わかんないよ、言ってくれなきゃ」

感染すれば重症化の危険 移植患者の気持ち「もっと伝えよう」…背中を押した元五輪選手の言葉

久しぶりに外へ。自宅の前にある桜に元気をもらいました

 それは、昨年末、元オリンピアンのAさんを取材したときのこと。Aさんは、10年以上もの間、障害がある人にスポーツの場を提供する社会活動に携わってきた。取材中、Aさんは言葉を選びながら、本音でこう語ってくれた。

 「障害のある方々と話していると、『私たちは弱者だ。なんとかしてよ』『障害者の気持ちをわかってくれない社会が悪い』という言葉を聞くことがあります。つらい経験をされて、弱気になる気持ちはわかる。けれど、障害がない健常者が、想像力を働かせて行動するには限界があります。だって、障害を経験したことがないのだもの。わかんないよ、言ってくれなきゃ。だから、もっと教えてほしいんです。どんな不便があって、どんなサポートがあれば心地よく過ごせるのか」

風邪を引いてもマスクしない人 一方的に怒っていたけれど

 新型コロナの大流行とともに、世界の意識はあっという間に変わった。まずはマスク。それと、除菌とうがい。感染しない、感染させないための配慮が広がっている。

 実は、こうしたことは、移植患者の間ではもともと日常的だった。冬になるとインフルエンザや風邪の予防のため、不要不急の外出は控えていたし、どこに出かけるのもマスクは必須。帰宅後の手洗いうがいも、日々のルーチンだった。

 だから、「風邪引いちゃったんだよね」と言いながら、マスク未着用でせき込む人がいると、「非常識だな」といちいち腹を立てていた。「なぜマスクをしないんだろう。腎移植患者が風邪やインフルエンザにかかると、腎臓に負担をかけてしまうんだけど……」。内心、気が気ではなかった。

 でも、自分が抱える事情を相手に伝える努力をしてきたかというと、一度だってしてこなかった気がする。少なくとも、「すみません、マスクをしてもらえたら助かります」なんて、対面でお願いする勇気が私にはなかった。それだと相手にとっては、「わかんないよ、言ってくれなきゃ」になってしまう。「移植患者が免疫抑制剤を服用している」ということを知らない人だって多いのだ。

相手を知る努力も大切

 そうした気づきを経て、私は、これまでの自分のスタンスを改め、今後は、「移植患者の視点」で、自分の事情=トリセツを語っていこうと思っている。
 そして、聞いてもらう以上は、相手のトリセツも正しく理解したい。

 Aさんの言葉の続きはこうだった。

 「あなたは私に『わかってほしい』と言うけど、あなたは私のことを一度でも理解しようとしたことがありますか。オリンピアンがどんな気持ちで世界と戦ってきたか、あなたにわかりますか。誰かに理解してもらおうと思ったら、あなたも相手のことを理解しようと思わなくちゃ。この世に共生する人たちのことを互いにわかろうとして、初めて社会は整うんじゃないでしょうか」(もろずみはるか 医療コラムニスト)

監修 東京女子医科大学病院・石田英樹教授

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

jinzo-prof1-150

もろずみ・はるか

医療コラムニスト
 1980年、福岡県生まれ。広告制作会社を経て2010年に独立。ブックライターとしても活動し、編集協力した書籍に『成約率98%の秘訣』(かんき出版)、『バカ力』(ポプラ社)など。中学1年生の時に慢性腎臓病を発症。18年3月、夫の腎臓を移植する手術を受けた。

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語 もろずみ・はるかの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事