文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

ハンバーガー…ふっくらジューシーでおいしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日はふっくらジューシーでおいしい「ハンバーガー」のご紹介です。

 給食でもハンバーガーが出るの?と思われる方もいるでしょう。実は手作りハンバーガーを年に1、2回作っています。給食室では、パンを切り、手作りハンバーグを焼く。提供する時は、お皿にパンとお肉とサラダを並べます。パンに切れ目を入れておくので、自分で自由に挟んで食べます。

 お肉は鶏の照り焼きになることもあれば、白身魚のフライでフィッシュバーガーにすることもあります。自分で挟んで食べるセルフハンバーガーです。

 食材で注目なのが、大きくカットされたトマトです。トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用にすぐれ、からだをさび付かせない力があります。加熱することでうまみがアップし、熱により吸収がアップするので、トマトをソテーするのもおすすめです。他にも、血圧調整に役立つカリウムなども含まれています。

 アボカドやキュウリなどお好みの野菜を挟めるのも楽しいですね。丁寧に包めば、お弁当としても活躍します。手作りのハンバーガーは格別の味です。ぜひ楽しみましょう。

[作り方]

(1)タマネギをみじん切りにする。フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れてタマネギを茶色くなるくらいまでいためる。

(2)ボウルにハンバーグ用の材料を入れて、よく混ぜる。丸く成形し、フライパンに並べる。中火で熱して、両面に焦げ目を付ける。

(3)差し水を100ml入れて、蓋をして中まで火を通す。

(4)パンにハンバーグとトッピングを挟んで完成。お好みでソースをかける。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事