文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ドライブスルー 鳥取県 検査導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 鳥取県は9日、新型コロナウイルスの検査に、車に乗ったまま受けられる「ドライブスルー方式」を導入することを明らかにした。検体採取時に医療者が感染するリスクを減らすのが狙いで、県によると都道府県レベルでは全国初の試みという。4月下旬から3か所での実施を目指している。

 県内では、検査の必要性に関する相談が約3800件、PCR検査の実施は265件に上るなど、県民の関心が高まっている。

 平井伸治知事はこの日の定例記者会見で「県内では感染者が出ていないが、先回りして対策を打っていく必要がある」と話した。

 ドライブスルー方式は韓国などが積極的に導入。国内では新潟市が行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事