文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「緊急事態後も営業、頭にきた」スポーツジムのドア蹴って壊す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 緊急事態宣言が出たのに営業していると腹を立て、スポーツジムのドアを蹴ったとして、警視庁三田署は8日、東京都港区の会社員の男(43)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。

 三田署幹部によると、男は8日午後10時55分頃、自宅近くにある24時間営業のスポーツジムのドアを蹴り、ガラスにひびを入れた疑い。容疑を認め、「新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言が出たのに営業しており、頭にきた」と供述している。

 警備会社が110番し、駆けつけた警察官が取り押さえた。男は当時、酒に酔っていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事