緊急性のない歯科治療は延期考慮を 新型コロナ感染防止で厚労省

 厚生労働省は8日までに歯科医師に対して、新型コロナウイルスの院内感染防止のため、「歯科医師の判断により、(治療は)応急処置にとどめることや、緊急性がないと考えられる治療については延期することなども考慮すること」とする事…Continuereading緊急性のない歯科治療は延期考慮を新型コロナ感染防止で厚労省