文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

初診からオンライン診療容認 規制改革推進会議が意見書決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府の規制改革推進会議(議長=小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長)は7日、新型コロナウイルスの院内感染予防のため、初診からオンライン診療を認めるべきだとする意見書を決定した。これに基づき、厚生労働省は近く、感染収束までの期間限定で実現させる方針だ。

 オンライン診療は、スマートフォンやタブレットの画像通話機能を使い、医師が診察するものだ。初診については「患者の様子を十分に観察する必要がある」との理由で、対面による診療が原則となっている。

 しかし、対面診療時に新型コロナウイルスの感染が広がるおそれがあるとして、安倍首相が見直しを指示していた。

 意見書では、受診歴のある患者に新たな症状が生じた場合や、受診歴がない場合にも、新たにオンライン診察を認める考えを打ち出した。オンライン診療が受けられる医療機関をホームページ上などで公表することも求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事