文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ヤマト運輸支店でクラスター発生か…全国で297人感染、2人死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では5日、東京都で143人、神奈川県で27人、千葉、埼玉両県で各25人など、25都道府県と各空港で計297人の感染が判明した。このほか名古屋市の男性と福井市の80歳代女性の計2人の死亡が確認された。

 千葉県の感染者のうち、松戸市に住む30~70歳代の男女6人は、同市の「ヤマト運輸南花島支店」の従業員と家族だった。同店では既に従業員2人の感染が明らかになっており、県はクラスター(感染集団)の可能性があるとみている。

 また、福井県内でも20~70歳代の男女7人の感染を確認。このうち少なくとも2人はクラスターが発生した福井市内の飲食店の客と接点があったという。

 このほか、兵庫県内では、大阪拘置所(大阪市都島区)に勤務する40歳代の男性刑務官ら13人の感染が確認された。法務省によると、この刑務官が担当していた受刑者4人は個室に隔離し、施設内の消毒を行った。

 また東京都は5日、118人と発表していた4日の感染者を117人に訂正した。集計に重複があったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事