文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

都内の感染者、新たに118人…小池知事「何とか抑えたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

新型コロナウイルスの感染状況について記者会見する東京都福祉保健局の職員(4日、東京都庁で)=沼田光太郎撮影

 東京都は4日、新型コロナウイルスの感染者を都内で新たに118人確認したと発表した。1日当たりの感染者が100人を超えたのは初めて。都内の累計感染者は891人に達した。1日の感染者数が3桁に達したことを受け、小池百合子都知事はこの日、コメントを発表し、「命が関わっている。何とかこの感染拡大を抑えたい」と、改めて外出自粛への協力を訴えた。

 都の発表によると、この日陽性が判明した118人のうち、7割近い81人の感染経路が特定できておらず、過去に例がない高水準となった。慈恵医大病院(港区)の関係者6人も含まれているという。

 初めて100人を超えたことについて、都幹部は「2週間前の3月20~22日の3連休は花見シーズンにも重なり、気の緩みから外出した人の間で感染が広がった可能性もある」とみている。

 また、都は、60~80歳代の男女5人が死亡したことも明らかにした。このうち3人は、集団感染が発生している永寿総合病院(台東区)の関係者だという。

 都によると、感染者を受け入れる病床は750床を確保。これに対し、4日時点の入院が必要な患者は817人で、数字上は病床数を上回っており、都は、無症状や軽症の人の入院時期をずらすなどして対応している。一般の医療機関にも協力を求めながら、6日には900床体制まで増床するめどが立っているという。

 また、軽症者をホテルに移送する計画についても都は準備を進めており、都は週明け以降、都内のホテル1棟を借り上げ、入院の必要がない軽症者らの移送を始める見通しだ。

 また、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく首相の緊急事態宣言が出た場合に備え、小池百合子知事は近く、都幹部らとの緊急対策会議を開き、対応を協議する方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事