文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援 五島朋幸

医療・健康・介護のコラム

そばをフォークで食べておいしいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 渡辺清太さん(仮名、92歳)は脳 梗塞(こうそく) を発症し入院。その後、胃がんも見つかって、手術も終えて無事に自宅に戻りました。渡辺さんは入院中に歯科医の診察を受け、むし歯だった歯を全部抜きました。入れ歯を作ってほしいということで、ケアマネジャー経由で依頼がありました。

 渡辺さんの自宅は表通りから一歩入った古い住宅街。ご自宅は木造のかなり年季の入った家でした。呼び鈴もないのでそのまま門を入り、引き戸を直接ノックすると、中から息子の正巳さん(仮名)の「はーい」という返事が聞こえました。

がんで入院、歯をすべて抜いた

そばをフォークで食べておいしいか

 「こんにちは、歯医者の五島です」

 「ありがとうございます!どうぞ奥です」と案内され、そのまま廊下を直進し、ドアを開けました。ベッドサイドに清太さんが腰掛けていました。

 「こんにちは、歯医者です」

 「これはこれは、ありがとうございます。すいませんねぇ、忙しいのに」

 「いえいえ。それよりも渡辺さん、入れ歯がないんですって?」

 「そうなんですよ。歯を抜かれちゃってねぇ」

 「何本くらいですか?」

 「8本だか9本だか。今じゃあ1本もなくなっちまって」

 「えっ、そんなに抜いたんですか!」

 「なんかねぇ。1本もなくなっちまって」

 「そうなんですよね。がんの時はむし歯とか炎症のある歯はとにかく早めに抜いちゃうんですよ。入院前、入れ歯は使われていたんですか?」

 「いや、使ったことないんで」

 「それは困っちゃいますね。最初は大変だと思いますけど、とにかく入れ歯を作りましょう」

 「早く入れ歯を入れてそばが食いてぇなぁ」

 「じゃあ頑張って作りますね」

かめるようになって、そばを食べたい

 上下の総入れ歯が完成し装着。2回ほど調整して、かんだ時の痛みも少なくなった。まだまだ硬いものは難しいのですが、少しずつ入れ歯で食べられるようになってきました。

 「渡辺さん、これだったらもうそばも食べられるんじゃないですか」

 「……」

 無言で軽く視線を下におろした。少し意外な反応に、一瞬声が出なかった。

 「どうですかねぇ。そんなに硬くないのでいけるんじゃないですかねぇ」

 「先生、そばはいいや」

 「えっ、どうしてですか?」

 「この間、食べようとしたんだけど……箸が使えないんだよ、俺。右手がうまく動かなくて。それで物を食べるときはスプーンかフォークなんだけど、そばをフォークで突き刺して食べてもなぁ。バラバラになっちまうし。それってそばじゃないよなぁ」

 「そうだったんですか。箸は難しいんですか?」と質問すると、そばにいた息子の正巳さんに「おい、持ってきてくれよ、箸とフォーク」

 正巳さんが「はい、これ」と清太さんに箸を渡すと、普通に箸を持とうとしますがうまくいきません。握るように持つしかありませんでした。

 「こうなっちゃうんだよ。スプーンやフォークならまだ何とか自分でできるけどなぁ」

 「そうですかぁ。箸は難しそうですね」

 「そばをすすりてぇなぁ」

かめても、箸が使えない

 渡辺さんには脳梗塞によるまひがありますが、そうしたまひがなくても、高齢になると箸が持ちにくくなります。作業療法士さんに聞いたところ、右手の親指と人さし指、中指でつまむ力が弱くなるからだそうです。特に親指の力が落ちてしまい、はしがうまく使えなくなるそうです。それなりの訓練の方法はあるようですが、一般的な傾向から言えば、箸が使えなくなり、フォークやスプーンで食事をする方が増えてきます。

 しかし、日本人にとって和食をフォークやスプーンで食べるには抵抗感があります。フォークを使うと言っても、スパゲティをくるくる巻くような動きは到底できず、突き刺したり、すくったりする動作が中心になります。皆さんも想像してみてください。そこに、大好きなもりそばがあるのに、箸を使えず、自分で口の中に入れるのが難しい状態。ストレスですね。

 今現在、高齢者が使いやすい箸を作れないか仲間と研究中です。最期まで和食を箸で食べる。そんな当たり前のことを実現していきたいです。(五島朋幸 訪問歯科医)

【注目記事】
「食べること 生きること~歯医者と地域と食支援」配食弁当はおいしいのに、どうして不評なのか?
「訪問診療にできること~最期まで人生を楽しく生き切る~」年を取ったら、やせると危ない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190205-tgoto-prof200

五島朋幸(ごとう・ともゆき)

歯科医師、ふれあい歯科ごとう代表(東京都新宿区)。日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授。新宿食支援研究会代表。ラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」、「ドクターごとうの食べるlabo~たべらぼ~」パーソナリティーを務める。 著書は、「訪問歯科ドクターごとう1 歯医者が家にやって来る!?」(大隅書店)、「口腔ケア○と×」(中央法規出版)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」(大隅書店)など

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援 五島朋幸の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

蕎麦をすする能力の保持に固執すべきか?

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

そばを健常者のように口元に持ってきてすする。 そこが生きる意欲の分水嶺になるのであれば、処理は難しいです。 別解はもっと簡単で、わんこそばをもっ...

そばを健常者のように口元に持ってきてすする。
そこが生きる意欲の分水嶺になるのであれば、処理は難しいです。

別解はもっと簡単で、わんこそばをもっと小さくすれば、麻痺の度合いによってはもっと簡単になるでしょう。

衰える身体を補う器材をどのように受け入れて落としどころを作るのか?
どちらかというと、精神的な問題の方が大きそうですね。
好きなものを食べつつ、できるだけ長生きしたい、その他の欲求の軸との綱引きになります。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事