文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語 もろずみ・はるか

医療・健康・介護のコラム

「みんな、自宅待機して」…免疫抑制剤を飲み、感染リスク抱える移植患者の願い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

米国に住む姉の義兄が急死 新型コロナの疑いが…

 私がここまで恐怖心を抱いたのには、もう一つ理由があった。その3日前、米アトランタ在住の姉から、 訃報(ふほう) のLINEが入ったからだ。アメリカ人の義兄「ジョン(仮名)」が急死したという。死因は新型コロナ感染によるものかもしれないというのだ。

 ジョンは46歳で、高血圧の症状があった。肥満体形で、周囲からは「いい加減、やせないと……」と心配されていたが、日常生活に支障はなく、つい数日前まで元気に働いていたそうだ。私も何度かジョンに会ったことがある。いつだって、「ハイ、ルカ、元気にしてるかい?」と、笑顔でぎゅっと抱きしめてくれるやさしい人だった。

検査結果が出るまで、会うことも、弔うこともできず

 そんなジョンは10日前から発熱。聞いたこともないような重い咳をしており、意識不明で病院に搬送された90分後、帰らぬ人となった。新型コロナ感染が疑われた理由として、ジョンの奥さんである「エミリー(仮名)」がナースであり、勤め先の同僚がコロナに感染していたことがあった。ジョンの死後、直ちにPCR検査が行われた。私が外来を受診したのは、その結果待ちという時期だったのだ。

 検査の結果が出るまで、姉を含む家族は、ジョンに会うことができなかった。葬儀も行えない。現在、現地では、新型コロナウイルス感染を避けるため、10人以上が参列する葬儀は自粛要請が出ているそうだ。ジョンは6人兄弟。たとえ、結果的に陰性だったとしても、家族葬すら行えない状況に、家族の悲しみは深かった。

命がけで訪問 義姉を笑顔にしたのは… 

 夫を突然失ったエミリーも、一人息子のブライアン(仮名)も、パニックに陥っていた。「もう生きていたくない」「私が代わってあげたかった」とエミリーは言い、ジョンの代わりに「家の電球を変えてほしいの」と、私の姉の夫であるデーヴィッド(仮名)にSOSを送った。本来なら、PCR検査の結果が出るまでは、誰もエミリーに接触するべきではなかったが、デーヴィッドは実兄を亡くした悲しみを振り払うように、エミリーの自宅に向かったという。

 扉を開けたエミリーは、泣きはらした目をしていたが、駆けつけたデーヴィッドを見るなり、ケラケラと笑ったのだそうだ。「デーヴィッド、なにその格好。マスクは女の子用のキャラクター入りじゃない。サイズ、全然合ってないよ」。その時の写真がこちらだ。

靴を含め、全身をビニールで覆い、競泳用のゴーグル、マスク、ビニール手袋を装着。エミリーに会った後は、着用していた衣類を全て捨て、パンツ一丁で帰ってきたそうだ

靴を含め、全身をビニールで覆い、競泳用のゴーグル、マスク、ビニール手袋を装着。エミリーに会った後は、着用していた衣類を全て捨て、パンツ一丁で帰ってきたそうだ

 そうしたエピソードが、次々と姉からLINEで送られてくる。その度に胸を詰まらせ、「新型コロナウイルスの脅威はすぐそこまで来ている」という恐怖感を募らせる私だった。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

jinzo-prof1-150

もろずみ・はるか

医療コラムニスト
 1980年、福岡県生まれ。広告制作会社を経て2010年に独立。ブックライターとしても活動し、編集協力した書籍に『成約率98%の秘訣』(かんき出版)、『バカ力』(ポプラ社)など。中学1年生の時に慢性腎臓病を発症。18年3月、夫の腎臓を移植する手術を受けた。

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語 もろずみ・はるかの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

他者に妥協させる為の人間と人間社会の理解

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

文化の違い、世代の違い、感覚の違いは難しいですよね? 年末年初の中国の報道や情報を思い出して、なぜあんなに楽観視できていたのか今となっては不思議...

文化の違い、世代の違い、感覚の違いは難しいですよね?
年末年初の中国の報道や情報を思い出して、なぜあんなに楽観視できていたのか今となっては不思議に感じる人も多い事でしょう。
一方で、普通の人は普段忙しくてニュースを見る暇も考える暇もあまりなく、何か大きな事件が起こってから押し寄せた事態にパニック行動をとるものだとわかります。

もしも、本文が2月初頭にかかれていたら、普通の人からは神経質な人に見えたでしょう。
一方で、今では、一般人の感覚としても普通になってくるのではないかと思います。

今後、社会活動とのバランスもますます問題になるでしょう。
そして、マスク以外のものも正規品以外の代替品の準備が大事になります。

日本のセーフティネットは他の国に比べて高い位置にあると思いますが、それでも、多くの人が余裕を失う中で、弱い人の出すストレートなエゴに対していつでも誰でも優しくあれるとは限りません。
では、優しくしてもらうためにどうしたらいいのか、コンプロマイズドホストにもマイナスの少ない行動をとってもらうにはどうすればいいのか?

種々の条件や意識の乖離を考えて、お願いを出していくことではないかと思います。
特に、同じように病魔に弱い家族を持った人や、この条件下で儲かったり広告になるような人を味方につける意見を考える必要があると思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事